読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

編集長の些末な事件ファイル - 高瀬甚太

165件中1-24件 (1/7ページ)
タイトル数 165 合計 45375(330ポイント)
  • 編集長の些末な事件ファイル166 悪魔の棲む家 前編 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/08/16

    和と洋が引っ付いて造られた奇妙な中古住宅を購入した小林時雄は、その家に住むようになってからさまざまな障害に遭う。妻や子が出て行き、自身も耳鳴りや幻想に悩ま...

  • 編集長の些末な事件ファイル165 怨霊たちの棲む村 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/26

    大学時代の友人、唐橋恭三から助けを求める連絡をもらった井森公平は、連絡のつかなくなった唐橋が心配になり、唐橋の住む貝田川村を訪れるために新幹線に乗って最寄...

  • 編集長の些末な事件ファイル164 天使と悪魔 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/06/07

    徹夜で仕事をしていた井森公平は、真夜中、ベランダに立つ天使たちに出会う。その天使たちが自分を招いていると知った井森は、天使たちと共に行動する。着いた先は、...

  • 編集長の些末な事件ファイル163 月夜の盆踊り 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/05/24

    五月五日に行われる正体不明の月夜の盆踊りに招待された井森は、目隠しをされて迎えのタクシーに乗り、森の中の会場に到着する。そこで井森が目撃したものは、貉たち...

  • 編集長の些末な事件ファイル162 岩に棲む鬼 後編 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/04/26

    岩に棲む霊に取り憑かれた、安藤いずみを救うため、井森はいずみを伴って、登山サークルのメンバーと共に山へ登る。やがて、いずみが行方不明になり、周囲の状況が激...

  • 編集長の些末な事件ファイル161 岩に棲む鬼 前編 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/04/12

    連休を前にした井森の元に、一本の電話が届く。悲壮な様子のその電話に困惑した井森は連休の予定を取りやめ、電話の主を待つ。だが、やって来たのは本人ではなく、祖...

  • 編集長の些末な事件ファイル160 呪いの市松人形 後編 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/03/29

    日吉家の嫁、麻衣子の父、立花健次郎と面会した井森は、そこで麻衣子の死は心不全による死で自殺ではないと聞かされ、市松人形についても麻衣子のものではないと聞か...

  • 編集長の些末な事件ファイル159 呪いの市松人形 前編 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/03/15

    K市に住む骨董商、境田彦次郎に連絡をもらった井森公平は、そこで、怪異な現象を起こす市松人形を見せられる。境田は、その人形を得意先の日吉源蔵からもらったとい...

  • 編集長の些末な事件ファイル158 地図にない村(五) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/03/01

    黒川省吾殺人と金庫強奪事件の真犯人が明らかになる。事件の背後にあるのは、アイヌ民族に対する迫害、それを助長する集団――。井森は、大阪府警原野警部の助けを借...

  • 編集長の些末な事件ファイル157 地図にない村(四) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/02/15

    12名の行動を調査し始めた井森は、警察が形ばかりの調査しかしていないことを知り驚く。原野警部は、「この事件は、斉藤淳一の逮捕によって、決着、その後の捜査は...

  • 編集長の些末な事件ファイル156 地図にない村(三) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/02/01

    黒川家の息子、黒川省吾のパーティには、男女計12名の人間が参加していた。事件はその12名が帰宅した後に起きている。パーティ後の12名の行動は、全員がカラオ...

  • 編集長の些末な事件ファイル155 地図にない村(二) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/01/18

    キルイ(斉藤淳一)の冤罪を晴らすことを約束し、月寒村を出た井森は、事務所に戻ったところで《命が惜しかったらキルイの事件から手を引け》と書かれた脅迫文を見て...

  • 編集長の些末な事件ファイル154 地図にない村(一) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/12/21

    学生時代の友人である田中萌子から「相談したいことがある」と手紙をもらった井森は、H県北部、山中に住む彼女の元に向かう。迎えに訪れた田中萌子の義理の息子、真...

  • 編集長の些末な事件ファイル153 潜入取材(七) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/12/21

    高嶺山王が暴漢に襲われ死に至った。山王の死によって天童教は混乱する。一度は退団を決意した臼間天童だったが、山王の死を聞いて豹変する――。

  • 編集長の些末な事件ファイル152 潜入取材(六) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/12/07

    山王グループの総帥、高嶺山王が暴漢に襲われて病院に運び込まれる。そのニュースが駆け巡る中、図書館司書の渡辺と江西みどりが、天童教本部へ出向き、臼間天童のイ...

  • 編集長の些末な事件ファイル151 潜入取材(五) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/11/23

    ひき逃げ事故で亡くなった君島兵庫、本名、犀川隆弘のマンションへ駆け付けた井森とみどり、渡辺の三人は、荒らされた室内から二つの封筒を探し出す。一つの封筒には...

  • 編集長の些末な事件ファイル150 潜入取材(四) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/11/09

    臼間天童の半生を描いた『神への誓い』の著者を確認するため、図書館へ出向いた井森は、そこで、著者、君島兵庫の存在を知る。君島が図書館司書の渡辺と交際していた...

  • 編集長の些末な事件ファイル149 潜入取材(三) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/10/26

    渡辺司書から『神への誓い』を借りた井森は、その本が天童教の教祖、臼間天童を描いたものであることを知り、おどろく。明らかになる天童の過去、そして、山王グルー...

  • 編集長の些末な事件ファイル148 潜入取材(二) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/10/12

    天童教本部に潜入するために大阪梅田から専用送迎バスに乗車しようとした井森は、車掌に乗車を断られ、本部の幹部たちが待つホテルの喫茶店に先導される。天童教がな...

  • 編集長の些末な事件ファイル147 潜入取材(一) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/09/28

    コピーライターの金田が行方不明になった。新興宗教「天童教」の取材に入り、突然、連絡が途絶えたのだ。金田の消息を追って、井森が天童教本部に潜入する――。

  • 編集長の些末な事件ファイル146 幽霊村(五) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/09/21

    村を覆うものの正体、それは――。井森は慧眼和尚の力を借りて、迫りくる巨大な力に挑む。消えた村人たちは一体どうなるのか、そして井森たちの運命は――。幽霊村の...

  • 編集長の些末な事件ファイル145 幽霊村(四) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/08/31

    みどりは慧眼和尚と共に井森のいる村へ向かった。しかし、障害壁に阻まれて村へ入ることができない――。一方、井森は、刑事たちと共に唯一の聖域ともいえる火の見櫓...

  • 編集長の些末な事件ファイル144 幽霊村(三) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/08/17

    日村刑事と狭山刑事が、村の火の見櫓の上から見た、信じられない海の風景――。デジタルカメラのファインダーは確かにあの海を捉えていたのに、何も写っていない。一...

  • 編集長の些末な事件ファイル143 幽霊村(二) 高瀬甚太/著 275円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/08/03

    『井森へ。鍵は福井のF海水浴場、きみと初めて出会った、あの海の岬にある』。友人の家で井森は、友人の書き置きを見つける。海の岬――。井森の脳裏に浮かんだのは...

セーフサーチの状態

高瀬甚太の他の作品

  • えびす亭百人物語 275円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2019/09/27

    商社勤めの私が親父のあとを継いでえびす亭に立つようになった。「くみちょう」はそんな私にとって第一番目の客となった。人情味あふれ面倒見のいい「くみちょう」の存在に心癒されるが......。

  • 派遣社員・箭内万作の事件簿 (1~12巻) 198円275円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2019/08/02

    派遣社員・箭内万作が清掃夫として派遣されたマンションでドア、窓、すべて施錠されているなかで連続盗難が発生する。盗難発生時間に現場で清掃を行っていた万作は疑いをかけられるが――。

  • 笑う男 275円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/12/14

    二度の受験に失敗し、実家に戻らず東京から帰阪した私は、住まいを求めて溶接工として就職し、会社が借りていた1ルームマンションに住むようになる。二人の同居人のうち一人が徳さんと呼ばれる年配の男で、嫌...

  • シリーズ二十四人の女 (1~25巻) 275円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/12/07

    17歳の少女が男を殺害し逮捕された。担当の弁護士は事件に疑問を感じ、少女を問い詰めるが少女は黙して語らない。事件の背景には壮絶な少女の過去があった......。

  • 迷走病棟 275円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/08/10

    心臓バイパス手術を受けた私は、8時間に及ぶ手術とその後の集中治療室での治療で、生死の境をさ迷い、迷妄する。死の恐怖に怯えながら、飽くなき生への執着をみせる私は、ゆるやかに回復して行く中で光を見る――。

  • 天に吼える 275円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/06/22

    昭和35年春、中学を卒業したばかりの宮下俊一は、上阪してセロファン印刷の工場に入社する。激しい工場勤務の中で俊一は高校進学を希望するようになる――。高度成長期の日本を舞台に、底辺で生きる若者たち...