読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

翔ぶが如く (1~10巻) - 司馬遼太郎

10件中1-10件 (1/1ページ)
タイトル数 10 (1~10巻) 合計 6420(60ポイント)
  • 翔ぶが如く(十) 司馬遼太郎/著 690円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    薩軍は各地を転戦の末、鹿児島へ戻った。城山に立て籠る兵は三百余人。包囲する七万の政府軍は九月二十四日払暁、総攻撃を開始する。午前七時すぎ、西郷隆盛は二発の...

  • 翔ぶが如く(九) 司馬遼太郎/著 630円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    熊本めざして進軍する政府軍を、薩軍は田原坂で迎えた。ここで十数日間の激しい攻防戦が続く。薩軍は強かった。すさまじい士気に圧倒され、政府軍は惨敗を重ねた。し...

  • 翔ぶが如く(八) 司馬遼太郎/著 630円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    明治十年二月十七日、薩軍は鹿児島を出発、熊本城めざして進軍を開始する。それは西郷隆盛にとって妻子との永別の日となった。迎える熊本鎮台司令長官・谷干城は籠城...

  • 翔ぶが如く(七) 司馬遼太郎/著 630円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    熊本、萩における士族の蜂起をただちに鎮圧した政府は、鹿児島への警戒を怠らなかった。ことに大警視・川路利良の鹿児島私学校に対する牽制はすさまじい。川路の命を...

  • 翔ぶが如く(六) 司馬遼太郎/著 640円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    台湾撤兵以後、全国的に慢性化する士族の反乱気分を、政府は抑えかねていた。鹿児島私学校の潰滅を狙う政府は、その一環として、兵部大輔を辞め萩に帰った前原一誠を...

  • 翔ぶが如く(五) 司馬遼太郎/著 640円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    征台の気運が高まる明治七年、大久保利通は政府内の反対を押し切り清国へ渡る。実権を握る李鴻章を故意に無視して北京へ入った大久保は、五十日に及ぶ滞在の末、つい...

  • 翔ぶが如く(四) 司馬遼太郎/著 680円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    西郷に続いて官を辞した、もとの司法卿・江藤新平が、明治七年、突如佐賀で叛旗をひるがえした。この乱に素早く対処した大久保は、首謀者の江藤を梟首に処すという苛...

  • 翔ぶが如く(三) 司馬遼太郎/著 620円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    「西郷と大久保の議論は、感情に馳せてややもすれば道理の外に出で、一座、呆然として喙(くちばし)を容るるに由なき光景であった」(板垣退助)。明治六年十月の廟...

  • 翔ぶが如く(二) 司馬遼太郎/著 640円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    西郷隆盛と大久保利通。ともに新政府の領袖となったふたりは、いまや年来の友誼を捨て、征韓論をめぐり鋭く対立している。西郷=征韓論派、大久保=反征韓論派の激突...

  • 翔ぶが如く(一) 司馬遼太郎/著 620円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/12

    司馬遼太郎畢生の大長編! 西郷隆盛と大久保利通。ともに薩摩藩の下級藩士の家に生まれ、幼い時分から机を並べ、水魚の交わりを結んだ二人は、長じて明治維新の立役...

  • 1
セーフサーチの状態

司馬遼太郎の他の作品

  • 竜馬がゆく (1~8巻) 700円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/08/07

    総発行部数2500万部超! 坂本竜馬の奇蹟の生涯を壮大なスケールで描く、司馬文学の金字塔、遂に電子化! 土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を...

  • ひとびとの跫音(上下合本) 1296円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/14

    名作一気読み! 正岡子規の詩心と情趣を受け継いだひとびと。豊饒にして清々しい人生に共感と哀惜をこめた名作。

  • 新装版 播磨灘物語(2) 691円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/04

    官兵衛は信長に新時代が出現しつつあるというまぶしさを感じていた。「だからこそ織田家をえらんだ」のだ。信長に拝謁した官兵衛は、「播州のことは秀吉に相談せよ」と言われ秀吉に会う。秀吉は官兵衛の才を認...

  • 新装版 箱根の坂(中) 745円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/04

    守護・今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子・竜王丸を後見することとなる。室町幕府の力はなきに等しく、国人・地侍たちが力を持ち始めていた。この時代の大きな変化を鋭く先取りした...

  • 新装版 播磨灘物語(1) 679円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/04

    黒田官兵衛。戦国時代末期の異才。牢人の子に生まれながらも、22歳にして播州・小寺藩の一番家老になる。だが、「この程度の小天地であくせくして自分は生涯をおわるのか」という倦怠があった。欲のうすい官...

  • 新装版 箱根の坂(上) 713円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/04

    応仁ノ乱で荒れる京都、室町幕府の官吏、伊勢氏一門の末席に、伊勢新九郎、後の北条早雲がいた。家伝の鞍作りに明け暮れる、毒にも薬にもならぬ人間で生涯をことなく送るのが望み、と考えていた。だが、妹分の...