読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

衆楽苑 (全3巻) - 小山田いく

3件中1-3件 (1/1ページ)
タイトル数 3 (全3巻) 合計 1620(15ポイント)
  • 衆楽苑 3巻 小山田いく 540円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/05/23

    昭和の時代、上野駅は北の国から東京へ来る人々たちの玄関だった。 多くの人々が夢を追い、この駅へ降り立った。 そんな上野駅横で昭和3年に創業した大衆食堂「衆...

    試し読み 試し読み
  • 衆楽苑 2巻 小山田いく 540円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/04/23

    昭和の時代、上野駅は北の国から東京へ来る人々たちの玄関だった。 多くの人々が夢を追い、この駅へ降り立った。 そんな上野駅横で昭和3年に創業した大衆食堂「衆...

    試し読み 試し読み
  • 衆楽苑 1巻 小山田いく 540円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/03/23

    昭和の時代、上野駅は北の国から東京へ来る人々たちの玄関だった。 多くの人々が夢を追い、この駅へ降り立った。 そんな上野駅横で昭和3年に創業した大衆食堂「衆...

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

小山田いくの他の作品

  • まんがグリム童話 最下層淫売遊女 648円
    作家 小山田いく
    出版社 ぶんか社
    掲載誌 まんがグリム童話
    販売開始日 2016/04/14

    里見の伏姫に与えられた番犬・八房。醜い風貌で人の言葉は分かるが発さない、気味の悪い男。伏姫は婚約者・孝徳の自分を人と扱わない態度に不信感を抱くとともに、徐々に八房の優しさに触れ、信頼を寄せるよう...

  • くすのき亭の日々 540円
    作家 小山田いく
    出版社 大洋図書
    販売開始日 2019/05/23

    一昨年母親が急逝してから父と一緒に大衆食堂「くすのき亭」を切り盛りする楠了子(くすのき りょうこ)。 以前は色々夢もあったような気もするが、今は淡々と店の仕事をこなす毎日...そんな毎日の筈なの...

  • フォーナが走る (全4巻) 432円
    作家 小山田いく
    出版社 大洋図書
    販売開始日 2018/11/23

    東京都内の冥王高校に通う1年生の小此木春日と2年生の川瀬は、ある日学内にある地下室で不思議な少年と出会う。 「フォーナ」と名乗るその少年は生物資源局の一員として都内に生息する生物の変異体を追って...

  • 青色学級 540円
    作家 小山田いく
    出版社 大洋図書
    販売開始日 2018/09/23

    私が通う学校は後ろにちょっとした森を背負った静かな学校。 水色と白の綺麗な校舎を持つそんな学校が私は好き...でも今の私は今までのクラスメイトとはもう触れ合えない...。 今の私のクラスは「青色...

  • 紅い十字路 540円
    作家 小山田いく
    出版社 大洋図書
    販売開始日 2018/10/23

    私、間柴祥子。 お父さんが買った一戸建て、今までのマンションと違ってとても快適...一つの事を除いては...。 何故だか頻繁に事故の起きる窓の下の十字路。 ある夜中、祥子はそこにこの世の者とは思...

  • 迷い家ステーション (全5巻) 432円
    作家 小山田いく
    出版社 大洋図書
    販売開始日 2018/09/23

    迷い家駅...それは上越新幹線で東京から1時間ちょっとの在来駅「湯の屁」から走る第3セクター「虹湯鉄道」の終着駅。 電化されておらず、湯の屁から1時間弱の道をディーゼル車が繋いでいる。 そんな迷...