読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

警視庁情報官 (1~7巻) - 濱嘉之

7件中1-7件 (1/1ページ)
タイトル数 7 (1~7巻) 合計 4838(47ポイント)
  • 警視庁情報官 ノースブリザード 濱嘉之/著 858円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/12

    日本初の警視正エージェント。「北」を凌ぐ超情報術! 組織に頼るな。冷徹なまでのリアリズムを求めよ。

  • 警視庁情報官 ゴーストマネー 濱嘉之/著 748円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    警視庁情報官の黒田が直面する国境をまたいだ大事件とは。情報をどう集め、どう使うか。諜報戦のいまを描く、警察小説アップデート!

  • 警視庁情報官 サイバージハード 濱嘉之/著 704円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    黒田が署長を務める万世橋署管内でATM誤作動の一報が。時同じくして欧米でも同様の事件が発生。犯人の狙いは金か、それとも――。

  • 警視庁情報官 ブラックドナー 濱嘉之/著 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    国境を越えた臓器売買の実態を探る情報室の黒田チーム。海外での潜入捜査、世界的な諜報機関との連携も叶った人気シリーズ第4弾!

  • 警視庁情報官 トリックスター 濱嘉之/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    警視庁情報室の黒田が捜査するのは基幹産業から自衛隊、大物代議士までをも巻き込む大詐欺疑惑。詐欺師(トリックスター)にご用心。

  • 警視庁情報官 ハニートラップ 濱嘉之/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線!

  • 警視庁情報官 シークレット・オフィサー 濱嘉之/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    政・官・実業界にまたがる謀略を、公安出身の著者ならではの詳細な筆致で描く注目作。

  • 1
セーフサーチの状態

濱嘉之の他の作品

  • 警視庁公安部・青山望 682円867円
    作家 濱嘉之
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/12/04

    公安部出身作家だから書けるリアルな捜査シーン、情報戦の実態。警察小説の新シリーズ第1弾

  • 院内刑事 (1~3巻) 605円814円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/14

    文庫書きおろしの人気シリーズが、新装版として講談社文庫から登場! 大病院を舞台に、やり手の警視庁公安OBが陰謀に挑む!

  • 警視庁情報官 サイバージハード 704円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    欧米に続き、秋葉原駅前の銀行ATMもハッキング攻撃を受け、不正に多額の金が引き出された。捜査指揮官の黒田純一は世界規模のサイバーテロを視野に入れ、犯人像を宗教関係者と睨み、海外へ飛ぶ。奴らの狙い...

  • オメガ 対中工作 649円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    諜報課工作員の榊冴子がコンゴの襲撃現場で見たカラシニコフ銃は、どれも中国製の不正コピー製品だった。中国の武器製造会社は今、どのように金を集めているのか。地下世界の実態を調べ上げ、揺らぐ共産党支配...

  • 列島融解 744円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    東日本電力社員を経て衆議院議員となった小川正人は、未曾有の大震災後、日本が直面するエネルギー問題に真っ向から取り組んでいた。原発の行方と、代替エネルギーの可能性は。停滞した経済は復調し、安全は守...

  • オメガ 警察庁諜報課 692円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    警察庁諜報課、通称「オメガ」は海外に支局を持つ国際諜報機関だ。北京支局香港分室に着任した美貌の捜査官・榊冴子に与えられたミッションは人民解放軍の配下にある麻薬精製工場の破壊工作だったが――。闇に...