読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

作品から探す

90件中49-72件 (3/4ページ)
  • 絶対!クラシックのキモ 1760円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    クラシック音楽の膨大なレパートリーのなかから、最もよく演奏される曲、または、作曲家の代表作を取り上げて説明。

  • クラシック反入門 1760円
    作家 許光俊 鈴木淳史 梅田浩一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    クラシックは艱難辛苦の果てにしか理解できないのだ!甘口の入門書では神髄は理解できない!時空を超えた価値があるクラシックを本当に自分のものとしてわかるためには最低限の知識を身につけろ!最良の入門書...

  • 不思議な国のクラシック 日本人のためのクラシック音楽入門 1760円
    作家 鈴木淳史
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/13

    クラシックという名の白ウサギを追いかけて穴に飛び込んで、さて、何をどう聴けばいいのか。‐‐教養主義の仮面を剥がす傲慢にも痛快な「エロなオレ様」流聴き方を日本の精神風土から懇切に説き起こし、環境と...

  • 問答無用のクラシック 1760円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    カルロス・クライバーらの演奏家を俎上に載せ、『魔笛』『蝶々夫人』などのオペラを厳しく採点し、「バレエをいやがる男たちの心理」を語る。レクイエムの現代の意義を説き、巨匠幻想をぶち壊す。許イズムで「...

  • オレのクラシック 1760円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    「クラシック音楽は娯楽ではなく、人間にとって大切な何かだ」と真正面から対峙するオレが全身を傾けて聴いたCDを、毀誉褒貶、峻別する。独善を排し、既成の評価を超えた演奏には賛辞を惜しまず、文化的・社...

  • クラシック批評という運命 2200円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    幻の初期評論を集成!歯に衣着せぬクラシック批評の原点、激烈な炎の筆鋒が再び燃え上がる。

  • クラシックがしみる! 1760円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    モーツァルトに熱中する人々や若手演奏家を取り巻く状況など、刺激がないクラシック業界の現状を鋭く論じながら、自身の人生経験とともにクラシック音楽の魅力を存分に語る。クラシックへの挑発と欲望が響き合...

  • クラシックを聴け! お気楽極楽入門書 1760円
    作家 許光俊
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    クラシックに親しもうと思ったら、推理小説を読んで、自分でサラダを作りなさいー?!わずか5曲を取り上げてクラシックのキモを伝授する目からウロコの入門書。

  • ピアニストガイド 3300円
    作家 吉澤ヴィルヘルム
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/05/16

    ショパン国際ピアノコンクールで上位入賞する新進気鋭たち。彼/彼女らが目標にするピアニストは誰か? 世界で活躍する約300人の略歴や演奏の特徴、得意な曲目、イチ押しのCD紹介などを網羅した初めての...

  • クラシック・マニア道入門 1760円
    作家 平林直哉
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/25

    取り憑かれたかたのようにホンモノの音を追求する盤鬼が、愛用の機器や思い出のLPなどをも明かしながらSP、LP、テープなどアナログ製品が織りなす「別世界の音」をガイド、「7つ道具」「オークション攻...

  • 宇野功芳、人と批評 2200円
    作家 想田正
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/04

    日本クラシック界で独自の評論を展開する宇野功芳。マーラーの寂寥感に魅せられた死生観、マタチッチや朝比奈隆を見いだした芸術への追求心、誰もが評価するカラヤンへの批判-。その直截な筆致の原点を若き日...

  • 辺境・周縁のクラシック音楽 (1~2巻) 2200円
    作家 近藤健児
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/04

    ポルトガル、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク。クラシック盟主国ではなくてもその国らしいすばらしい作品を残している。辺境、周縁の隠れた名盤を発掘して紹介する渾身の第一弾。

  • まだまだクラシックは死なない! 1980円
    作家 松本大輔
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/04

    「歴史の淘汰こそいちばんの批評」という考えに異を唱え、これまでになく未知の作品や作曲家のすばらしいアルバムを多く取り上げた第4弾! 「東日本大震災後のいまこそクラシックを聴きたい」というファンの...

  • それでもクラシックは死なない! 1980円
    作家 松本大輔
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    安価なコンピレーション・アルバムのブームが象徴するのは、業界を覆う生ぬるい倦怠感、諦めと逃げの気配だ! この状況を打破するために聴く側が真剣に血眼になって名盤を探さなければならない! 音楽的良心...

  • 盤鬼、クラシック100盤勝負! SACD50選付き 1760円
    作家 平林直哉
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    盤鬼・平林が話題のCDから100枚、SACDから50枚を厳選。初期LPからのCD制作体験を生かした「LP復刻奮戦記」はフルトヴェングラー・ファン必読、初期LPレーベル別周波数特性表付き。心を揺さ...

  • クラシックと日本人 2200円
    作家 森佳子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    厳格、荘厳ゆえに理解不能―。私たち日本人の前に幾重にも立ちはだかるクラシック=難解というイメージの壁を乗り越えて、「本当の理解」という到達点への道筋を照らし出す。

  • ヴァーグナーの「ドイツ」 超政治とナショナル・アイデン... 4400円
    作家 吉田寛
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    音楽によって「真のドイツ」を打ち立てようとした作曲家リヒャルト・ヴァーグナー。三月革命や統一戦争で国家の輪郭が激しく揺れ動いた時代、複数の「ドイツ」がせめぎあうなか、超政治としての芸術を実践した...

  • このNAXOSを聴け! 1980円
    作家 松本大輔
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    クラシックファンならおなじみの廉価盤レーベル、NAXOS。新旧あわせて千数百点のアルバムのなかから本当にすばらしいものを100タイトルほどに絞って紹介。

  • やっぱりクラシックは死なない! 1980円
    作家 松本大輔
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    業界不振の中、聴き手もメーカーも本当に質の高いものを求め始め、「これはすごい」という名盤に当たる確率が高くなっている。そう、クラシックは全然死んでいないのです。クラシックの名盤をご案内。

  • クラシック100バカ 1760円
    作家 平林直哉
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    ここにもあそこにも、あんなバカこんなバカ、クラシックの世界にはバカがいっぱい!偶像崇拝、唯我独尊、一知半解、付和雷同、玉石混淆、羊頭狗肉、頑迷固陋、先入僻見、不協和音、迷惑千万...クラシック批...

  • クラシック、これを聴いてから死ね! 1980円
    作家 大嶋逸男
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、マーラーなどの14曲、これこそが死ぬまでに聴いておかなければならない曲だ! 1曲ごとにCDを厳選して特徴を丹念に解説する。クラシック音楽がもたらす豊かな潤い...

  • クラシック中毒 1760円
    作家 平林直哉
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    クラシックなしでは生きられない!-地上の名演・名盤をことごとく制覇してホンモノの味を熟知した“盤鬼”が天才・異才音楽家たちの蠱惑的な創造世界に斬り込む、芳醇にして直截な渾身の音盤ガイド。

  • 音楽の聴き方 聴く型と趣味を語る言葉 858円
    作家 岡田暁生
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書
    販売開始日 2014/01/24

    聴き方は自由だという原則がありながら、私たちは必ず、歴史や社会の文脈上で聴いている。その仕組みを解析し、聴き方のヒントを伝授。

  • 西洋音楽史 「クラシック」の黄昏 858円
    作家 岡田暁生
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書
    販売開始日 2014/01/10

    18世紀後半から20世紀前半までの、私たちが最も親しんでいる「クラシック音楽」と、その前後の音楽状況の重要ポイントを詳述

セーフサーチの状態