読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

キーワード「半村良」を含む電子書籍

30件中1-24件 (1/2ページ)
  • 黄金郷伝説〈人の巻〉慶長太平記 770円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/04/09

    名古屋三四郎を預けるために頼った会津では留まることができず、友右衛門と野笛の一行三人は越後へと向かった。 山間の集落、阿田村で友右衛門と野笛は正式な夫婦となりしばしとどまった後、城下へ。まさに徳...

  • 彷徨える黄金〈地の巻〉慶長太平記 770円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/03/19

    堺の豪商、今井宗薫からの依頼で鈴波友右衛門は出雲のお国の子、三四郎を守って会津を目指した。 安房の国を経て北へ向かう旅には、真田幸村の娘、野笛との3人旅だが、行く先々で真田の手のものに守られてい...

  • 黄金の血脈〈天の巻〉慶長太平記 770円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/03/05

    越前の漁師の倅、友吉は関ケ原合戦に雑兵として参加した。なぜか、太閤の黄金を南蛮船に運ぶ作業に加わり、そこから真田幸村の家臣、霧隠や猿飛の知己を得る。名を鈴波友右衛門と勝手に名乗り始める。 大坂の...

  • 眩しい道 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/01/15

    週刊誌で連載されただけで、単行本にならなかった半村良の小説を発掘! 有名画家の二人の娘たちの美しさは近所で評判だった。 姉はさまざまなアプローチの末に、大手芸能プロダクションの誘いを受け女優とし...

  • 夢中街 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/12/25

    半村良が紡ぎだす独特の幻想的な小説。 作家である私はなぜか夢世界に引きずり込まれる。 飛行夢、既視夢、疑夢といったさまざまな夢を見るうちに、甥の会社で起こった毒入り缶コーヒーの殺人事件を夢刑事と...

  • 裏太平記 770円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/11/06

    古典随筆の名作「徒然草」の著者、吉田兼好は謎の多い人物だ。そこに目を付けた鬼才半村良。 鎌倉幕府の滅亡、後醍醐天皇の建武の中興の動きの中に、歴史を操る人物として兼好法師を置き、『太平記』には書か...

  • ぐい呑み 自選短編集 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/09/04

    半村良自選短編集。表題作「ぐい呑み」をはじめ10作品を収録。 浅草、銀座など、作家がすくいとった昭和の東京の町の風情と雰囲気も楽しめる極上の短編集。

  • 女帖 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/08/28

    ちょっと思わせぶりなタイトルだが、それもそのはず。半村良のものがたりに登場する女性たちのための観察メモなのだから。だがそこは作家、まして「嘘つき」と言われてた著者だけに、虚実とり交ぜて、物語性の...

  • 戦士の岬 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/06/19

    原宿あたりにたむろする若者たち8人、それぞれが広告、カメラマン、イラストレーター、スタイリストなどという職業を持つが、不安定なフリーとして生活をしていた。そんな彼らに、房総半島の先端の町から、地...

  • おんな舞台 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/05/15

    男と女の機微を描いた絶品の短編が並ぶ。 戦後間もない銀座のバーの同僚だった男と女。長い時間を経て二人が始めた「家庭」を、かつての弟分が訪ねる。三人の会話を通して人生の浮き沈みを描く「夢のおわり」...

  • ながめせしまに 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/05/15

    酒場と着物、恋愛模様、修羅場......。 男と女のさまざまな心の機微を描いた短編集。 財界の中心人物の囲われ者だった女、こよなく愛した着物にも飽き次第に男との距離も空き、年齢を重ねていくとこに...

  • 半村良コレクション (1~2巻) 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/04/10

    半村良の初期の短編や中編を収録した。のちの長編のもととなるものや、サイドストーリーとして書かれたものもある。 SF作家としてスタートした著者だが、その後人情もの、時代ものなどのジャンルの小説を書...

  • 虚空王の秘宝 (1~2巻) 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/11/01

    何者かがアパートに侵入し、拳銃と麻薬と思しき白い粉を置いていった。これをきっかけに露木一郎は国家権力から追われることになる。太古の時代に飛来し、秩父山中に隠されていた巨大な宇宙船に乗り込んだ露木...

  • 夢あわせ 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/09/30

    二つの世界、私たちが生きている世界と別の世界がふとしたことから触れ合ったとき事件が起きる。SFの名手の著者が描き出す12の短編。20種近い職業を経て作家になった著者の経験や生き様から生み出された...

  • 寒河江伝説 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/08/09

    2030年ごろ、世界は大きく変わっていた。 ことに日本は、東京が多民族都市となり、各地で自治区ができ、東北は福島を除く5県が自治区として独立してしまった。 ジャーナリスト丸谷は取材で訪れた山形で...

  • げたばき物語 605円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    自称「嘘屋」が、創作の秘密や独特の下町精神を、赤裸々な告白(嘘?)で綴った好エッセイ。半村作品の秘密を明かすファン必読の書。

  • 黄金の侏儒宮 550円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    見る者の血を妖しく煽り、燦然と輝く黄金の侏儒宮。その所有者・津降家の莫大な富の背景は、ベールに隠れたまま。その謎の答えは?

  • アクナル・バサックの宝 660円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    ギメルは悪人だけが住む星。全宇宙の極悪非道な犯罪者がここに送られ、送られたら最後、容易に出ることはできない。異色の5短編!

  • 雨物語 715円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    歌舞伎町の片隅の小さな酒場。常連客たちの歯に衣着せない会話には、人生の明暗や世相の風波が見え隠れする。軽妙洒脱な長編小説。

  • フォックス・ウーマン 880円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    悪事に加担した暗黒街の帝王は満州に強力な軍隊を創設し支配にのり出すが、なぜか狐につきまとわれる。絢爛妖異の大冒険伝奇ロマン。

  • 飛雲城伝説 1540円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    美少女・鈴女(すずめ)は、戦乱の嵐の中、周囲の信望を得て、飛雲城の女城主となった。未完の大長編時代伝奇ロマン、甦った超大作!

  • 戸隠伝説 715円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    神につながる家系の娘ユミからの誘いで戸隠山へ出かけた作家水戸宗衛の助手井上。そこには古代神々の激闘が...。壮大なる伝奇ロマン。

  • 暗殺春秋 592円
    作家 半村良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/05/31

    研ぎ師の勝蔵は剣の師匠・奥山孫左衛門に見込まれ、暗殺者の裏稼業を持つようになる。九寸五分の匕首で次々に悪党を消してゆく中で、次第に現れる闇の権力者・一橋治済の影。治済と老中・青山忠裕の陰の争いに...

  • 軍靴の響き (全2巻) 440円
    作家 かわぐちかいじ 半村良
    出版社 トラスト・ツー
    レーベル かわぐちかいじ傑作選
    販売開始日 2016/12/09

    SF界の巨匠・半村良の原作を得て、かわぐちかいじが描く“もうひとつの日本”!! 「沈黙の艦隊」「ジパング」そして「空母いぶき」へと至るかわぐち軍事コミックの嚆矢!!

セーフサーチの状態