読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

キーワード「新葉館出版」を含む電子書籍

80件中1-24件 (1/4ページ)
  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/06/09

    抽象と具象の狭間から読みとる、確かな人間臭。昭和一桁生まれの著者は江田島海軍兵学校教官の父をもち、戦時中から戦後の激動の時代を生き抜いてきた。自らの目で見た現実をありのままに忠実に川柳に表現する...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/06/09

    川上大輪・富湖夫妻による30年余りの川柳人生の記録を一冊にした川柳句集。夫・大輪は川柳塔社副主幹、川柳塔わかやま吟社主幹などの要職につき、第5回オール川柳賞大賞など全国の大舞台で数々のタイトルを...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/06/02

    兵庫県、丹波に生まれ、12歳の頃から川柳に出合う。 川柳の他、俳句・短歌といった短詩型文芸すべてに長ずる著者による第一句集であり川柳作句生活70年を迎えた結晶である。 正論を通し路傍の石となる...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/06/02

    我が句は我が子。17音に人生を投影させて輝き出す、さまざまな想い。岸和田市在住。 地元の健老大学から始まった川柳は良き師や仲間に支えられ楽しいものとなった著者。これまでに詠んだ一句一句が我が子の...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    飾らない言葉で、女性としての凜とした美しさ、強さを十七音に乗せて、達吟家として輝かしいキャリアを積んでいる著者待望の第1句集。 川柳作家の母の影響で、子供の頃から川柳に親しんでいた著者。中学を最...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    「五七五に魔法をかけて飛んでいる」――川柳を心の糧とする著者の花香る人生。福岡市在住。 作句生活60年を記念して2014年出版の川柳句集の電子書籍版。昭和29年作句開始から平成26年までに詠まれ...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    好評の前著『川柳で平成の世をぶった切り』に続く、2014年~2015年までの国内、国外での出来事を詠んだ時事川柳集。 今の世に疑問を抱きつつ、「川柳で世は変わらない」と思いながらも詠まずにいられ...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    「川柳は人生を味付けする絶妙な胡椒のような調味料」と語る著者は福岡に生まれ、父の戦死、母親の再婚により日本各地を転々として育つ。 苦学の後、東京都職員として定年まで勤め、在職中に川柳を知る。現在...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    絵手紙や絵画作品も手がける著者が描いた、「哀」あふれる川柳と絵が織り成す川柳画集。山口県在住。川柳画集。 花や裸婦のシリーズものや、ハガキ3枚~4枚からなるコマ漫画のような川柳画作品など、温かい...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    読む人の心に響く、原風景がここにある。古き良き風景と人情の中に育った、生粋の江戸っ子である著者の東京下町を舞台にした、人情味あふれる17音の物語。タイトルは小学生の時はじめて作った冬の夜豆電球も...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/05/19

    ザ・川柳・オブ・川柳と呼ばれるユーモア川柳に定評のある著者の、その飽くなき好奇心、鋭い洞察力から生み出されるユーモア溢れる川柳のみを集めた川柳名作集。 青春18切符をこよなく愛する自称「乗り鉄」...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2017/02/24

    十七音の文芸性を追求―自身の内側を見つめ続けた、たましいの一行詩。 12歳で短歌を詠みはじめた文芸少女が、32歳からエッセイ、詩、俳句と短詩型文芸の世界で活躍、やがて運命に導かれるように川柳を知...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/12/09

    昭和3年に樺太に生まれ、終戦後の昭和22年に北海道に引き揚げて激動の時代を生き抜いてきた著者。その作品は、鋭い観察眼によって生まれた発想で、飾らない易しい言葉を用いて、人間の深層心理まで暴いてい...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/12/09

    大空に解き放たれた、川柳という名の千羽の鶴たち。遠い恋の思い出、愛する家族のこと、妻として母としての自分、日々の暮らしで生まれる心の葛藤を詠んだ「第一章 約束はまだ」。70歳まで現役で看護師とし...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/12/09

    ハードボイルドを貫きながらも、要所要所に隠しきれない人間くささ。超高齢社会を生き抜く男の愛とロマン、そして哀愁。囲碁の世界から川柳の世界を知り、静岡県川柳協会副会長などで活躍する静岡の“奇才”な...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/12/09

    企業のトップをリタイア後、「川柳専心」の暮らしを楽しむ著者待望の第5句集。 つくばね番傘川柳会会長、技術士(情報工学)、東京玉野会会長、玉野ふるさと大使、おかやまビーチスポーツ協会顧問、おかやま...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/12/09

    そのリズムと歯切れの良さ、痛快な飛躍は私の眠っていた脳細胞を叩き起こした。木偶の両眼がカッと見開き、一気に血が通い始めた瞬間である。(「あとがき」より) ――七七のリズムを刻む十四字詩と衝撃的な...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/12/09

    どんぶく、どんぶく、どんぶく先生――。 「こりゃ 許されん。なさけない。/育む基本きえとるぞ。/いばる大人がむれよって/いったいなにをしてるんだ。」 元教師で塾講師、児童厚生員として活躍する著者...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/11/18

    歌人として、書家として活躍する著者。活字として販売されている著者の書による短歌と、イメージを膨らませる写真や抽象的なイメージ画像で味わう新しい感覚の作品集。 著者Facebookにて現在も毎日更...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/11/18

    これから川柳をはじめたい人へ。 川柳の上達法を勉強したい人へ。 スランプに陥っている方へ。 指導者用のテキストを探している人へ。 川柳にまつわる聞きたかったこと、知りたかった答えがここにある。 ...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/11/11

    「旅に出ると一気に川柳モード」になる、無類の川柳好き・旅好き・写真好きの著者による川柳日記。単に感動だけではない自らの旅の失敗談や家族との楽しい会話、旅で出会った魅力的な人々との交遊を、抜群の描...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/09/30

    喜怒哀楽を受け止めてくれる十七音に惹かれて高校生から川柳をはじめ、制服姿で句会に参加していたという著者。その情熱は未だ衰えることを知らず、活動の幅はますます拡がっている。 本書は昭和五十五年頃か...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/09/30

    昭和と共に生まれ、激動の昭和初期、そして戦争、学徒動員と日本の全体主義の中で少女期、青年期を生きた著者。その著者の体験が即ち、戦前の日本の歩みであった。 そして敗戦。裕福な旧家だった著者の家も大...

  • 864円
    作家
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2016/09/30

    ユーモア川柳作家として高い評価を得ている著者待望の第三句集。自ら「詠んでも」、自分や他人の作品を「読んでも」川柳は楽しいとかたる著者は一日一句を目標に掲げ、十七音を紡ぎつづけている。 著者の手に...

セーフサーチの状態