SICP-4840

『シルク・ディグリーズ』

ボズ・スキャッグス

1976年

★ある日突然、ボズは音楽性を変えたわけではない。彼のルーツはブルース、R&B、ソウルであり、本作もその延長線上にある。土臭さと洗練がこの時代ならではのバランス。デヴィット・ペイチら若いミュージシャンと共に作り上げたホワイト・ソウルの名盤。