紙書籍vs電子書籍 それぞれのメリット・デメリットを徹底検証

2010年代に入ってから「電子書籍」というワードがメディアなどで大きく取り上げられるようになり、それに伴い読者は紙の本と電子書籍のどちらで本を読むか選ぶことができるようになりました。
まずは紙の本と電子書籍それぞれのメリット・デメリットを知り、どちらで本を読むべきなのかを考えていきましょう。

紙の本のメリット・デメリット

紙書籍のメリット・デメリット

メリット

  • 「本」がモノとして手元にある(所持できる)
  • 紙の質感やページをめくる感触を楽しみながら読書できる
  • 読み終わったら古本として売ることが出来る
紙の本の最大のメリットは「本が手元にある」「本を所持できる」こと。手元に本があるので"読めなくなる"ことはありませんし、"本を持っている"ことで所有欲を満たすこともできます。
ほかにも紙の質感や手触り、ページをめくる感触、インクや紙の匂いなど電子書籍の読書では味わうことが出来ない感覚を伴いながら読書をすることができます。

また、電子書籍は"中古"という概念がありません。不要になった本を売買出来るのは紙の本のメリットと言えると思いますが・・・個人的には本を売るくらいなら電子書籍で端末に入れておきたいです。せっかく買った本を売るのがもったいないと思ってしまいます。

デメリット

  • 部屋の中が本でいっぱいになる
  • 整理するのが大変
紙の本の一番のデメリットは好きな本、気になる本を買えば買うほどあっという間に部屋が本で埋まっていってしまうこと。本に囲まれた生活も悪くないですが、紙の本は物理的にスペースを占有していきますので、いつか部屋が本であふれる日がきてしまうのが問題です。

そして、本が増えれば増えるほど整理整頓が大変になっていきます。読みたい本が行方不明になったり、すぐに見つからなかったり、そもそも買ったのかどうか分からなくなるなど本が増えるとよく起きる現象ですね(苦笑)

電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍のメリット・デメリット

メリット

  • スマホ・タブレット・PCなど端末の容量が許す限り何冊でも本を保存できる
  • スマホ・タブレットを使えば好きなだけ本を持ち歩くことが出来てすぐに読むことが出来る
  • デジタルデータなので紙の本のように部屋を占有しない
  • 本棚アプリの検索機能で読みたい本をすぐに見つけることが出来る
電子書籍はデジタルデータなので紙の本のように部屋を占有せず、スマホ・タブレット・PCなど端末の容量が許す限り何百冊でも何千冊でも保存することができます。さらに電子書籍のすごいところは、この大量の本をどこへでも持ち歩くことが出来ることです。これは電子書籍最大のメリットでもあり、紙の本では絶対に実現することができないことです。

また、電子書籍を読むための本棚アプリには検索機能が備わっているので、大量の本の中からでも読みたい本を1発検索ですぐに取り出すことが出来ます。

デメリット

  • 本が手元にないので"所有感"がない
  • 端末のバッテリーが切れると読めなくなる
  • 電子書籍はいつ読めなくなるか分からない
電子書籍最大のデメリットは本が手元にないこと。自分で本を買ったという感覚や"所有"している感覚が紙に比べて薄くなります。

また、スマホやタブレットで読む場合、次のページをめくる動作はタップやスワイプになります。本の質感やページをめくる感触を大切にしている人にとって、その感覚を伴わない読書となるので人によってはデメリットに感じるでしょう。

ほかにも電子書籍を入れている端末のバッテリーが切れたり、端末自体が壊れたりすると読むことが出来なくなるのはデメリットですが、きちんと対策(バッテリーを持ち歩くなど)をすれば良いでしょう。

電子書籍はサイトが閉鎖したりすると読めなくなる場合がありますが、補填があったり、紙の本でも例えば(不謹慎ですが)火事になって本が全部燃えたりすれば読めなくなるのでこのリスクは考えても意味が無いと思います。

紙の本と電子書籍のどっちを使うべき?

紙の本と電子書籍のメリットとデメリットについてまとめました。

それぞれのメリット・デメリットよくよく考えてみると紙のメリット(本の所有、読書の感覚)は電子書籍のデメリットだったり、電子書籍のメリット(場所をとらない、検索機能)は紙書籍のデメリットなですね。

と、いうことは・・・

紙の本、電子書籍それぞれに良し悪しがあるので、どちらか一方を使うのではなく、デメリットを補い合うように使い分けることが最強なのではないでしょうか。

結論:紙の本と電子書籍の併用こそ最強の利用法!!

紙書籍と電子書籍のメリット・デメリットについて考えると、紙書籍のメリットは電子書籍のデメリットであり、紙書籍のデメリットは電子書籍のメリットであることが明らかになりました。

そして結論!

これからの時代、

「紙が好きだから紙でしか読まない!」
「いやいや、電子が便利すぎるから!紙とかまだ買ってるの?」
など、どちらか1つに決めつけて片方だけを使うのではなく、それぞれのメリット・デメリットを考え、ご自身の読書スタイルに合わせて使い分けることこそが、これからの賢い読書スタイルだと考えます。

使い分けを実践している書籍・電子書籍販売担当の感想

今回の記事を執筆しましたNeowingの書籍・電子書籍販売担当のトミヲです。

僕はもともとは電子書籍否定派だったのですが、Neowingで電子書籍の取り扱いが始まってから電子書籍の利便性に気がつき、今では紙の本と電子書籍を併用しています。

例えば、以下のように自分でルールを決めると使い分けがとてもはかどりますよ。

  • 昔から買っているコミックや手元に持っておきたい本、大好きな作家さんの本⇒「紙の本」
  • 何度も読み返さないけど気になっている本や話題の本、自宅の本棚に入れておけないヒミツの本(端的に言えばエロ本ですねw)など⇒「電子書籍」

電子書籍だと通勤時間、昼休み、家族が寝た後などのスキマ時間でサッと読めるのが最高に便利ですね。
好きなマンガや作家さんの本は家でじっくり読みたいので紙の本でページをめくるワクワク感を感じながら読んでいます。

そして、このように紙の本と電子書籍の使い分けをするようになってから本を読む量が格段に増えました。今まで通勤時間ゲームをやっていたのが読書に変わったのが大きいですね。
加えていろいろなジャンルの本を読むようになりました。マンガ以外にもビジネス書や小説などを割引の時に買いだめしておいてスキマ時間でちょっとずつ読んでます。

ライフスタイルが劇的に変わり、読書量が増えて日々の充実感がすごいですよ。使い分け最高だなって思います。

ぜひ、"自分ルール"を決めて紙の本、電子書籍の縛りにこだわらず、よりよい読書スタイルでこれからもたくさんの本とお付き合い頂ければと願っています。

Neowingでは紙の本・電子書籍どちらも取扱い中

電子書籍は人気コミックの無料キャンペーンやNeowing独自施策などお得なキャンペーンを日々実施中です!

ぜひサイトをのぞいてみてください。


この記事を書いた人

トミヲトミヲ:Neowingの書籍と電子書籍販売を担当しています。Twitterも担当していますので、ぜひフォローして下さい♪