2019年本屋大賞 『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ/著

2019年度の本屋大賞は瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』に決定!大賞受賞、おめでとうございます!

『そして、バトンは渡された』あらすじ

私には五人の父と母がいる。その全員を大好きだ。

高校二年生の森宮優子。生まれた時は水戸優子だった。その後、田中優子となり、泉ヶ原優子を経て、現在は森宮を名乗っている。名付けた人物は近くにいないから、どういう思いでつけられた名前かはわからない。継父継母がころころ変わるが、血の繋がっていない人ばかり。「バトン」のようにして様々な両親の元を渡り歩いた優子だが、親との関係に悩むこともグレることもなく、どこでも幸せだった。

身近な人が愛おしくなる、会心の感動作。

電子版

「そして、バトンは渡された」電子版も配信中!
電子版ならご購入後すぐに読むことが出来ます。

2019年本屋大賞ランキング

電子版

2019年 翻訳小説部門 第1位 『カササギ殺人事件』 アンソニー・ホロヴィッツ/著 山田蘭/訳

『カササギ殺人事件』 あらすじ

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは...。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。余命わずかな名探偵アティカス・ピュントの推理は――。

アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!

『このミステリーがすごい!2019年版』海外編 第1位、『2019本格ミステリ・ベスト10』海外篇 第1位など、各賞総なめの超話題作!

翻訳小説部門 ランキング

※表示の関係上「3位」と記載しておりますが、実際には同着2位です

電子版

過去の本屋大賞

Neowing電子書籍サービスについて

  • 電子書籍もNeowingポイントで購入できます。CD、DVD、グッズなどを買って余ったポイントがあればぜひ電子書籍をお試しください!
  • PC、スマホ、タブレットに対応、最大5台まで同時に利用できます。大画面で見るもよし、スマートフォンで持ち歩くもよし。ライフスタイルに合わせたデバイスでお楽しみください!
電子書籍サービスの詳細はこちらをご覧ください。

ご注意

  • 本編の閲覧には無料アプリ「Neowing eBook Reader」が必要です。
  • 電子書籍サービスはガラケーではご利用頂けません。