日本球界に衝撃を与えた二刀流・大谷翔平

高校時代、アマチュア最速となる160km/hのストレートと高校通算56本のホームランを放つ長打力を誇り、投打で大きな注目を集めた大谷選手。

高校3年生の2012年、日本のプロ野球を経験せず、直接メジャーリーグへの挑戦を希望していた大谷選手を北海道日本ハムファイターズがドラフト会議で強行指名。
単独で1位指名をしたのち、栗山英樹監督のアツい誘いを受けファイターズに入団しました。

入団時、プロの世界でも投手と野手の本格的な二刀流を実践することを明言。
当初は批判的な意見もありましたが、2014年にNPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」を達成すると、2015年は投手で15勝、防御率2.24で最多勝・最優秀防御率のタイトルを獲得、2016年は投手で10勝、野手では22本塁打とファイターズの優勝に大きく貢献して最優秀選手(MVP)と投手部門、DH部門でベストナインに選出(※投手部門と野手部門の同時受賞はNPB史上初)、名実ともに日本のトッププレイヤーに成長していきました。

投手と野手の分業が当たり前、二刀流の活躍は難しい、考えられない。
そう思われていた現代プロ野球において投手・野手の二刀流を実践して、このような素晴らしい成績を残したことは衝撃的で、これまでにないプレースタイルは多くのプロ野球ファンを魅了しました。
最大限のリスペクトを込めて言いますが、ファイターズ以外のファン、特に対戦の機会が多いパ・リーグの5球団のファンからみると迷惑極まりない存在でした(笑)
※筆者は千葉ロッテマリーンズファンです。何度投打でやられたことか・・・

二刀流で輝かしい成績を残した大谷選手は2017年オフにポスティングシステムを利用して北海道日本ハムファイターズからロサンゼルス・エンゼルスへの移籍が決定。
入団以前から目標にしていた憧れのメジャーリーグへの扉を自らの手で切り拓きました。

大谷翔平の凄さ

大谷投手の160km/hを超えるストレートはもちろん凄いのですが、キレッキレのスライダー、球速差が50km/h以上あるカーブ、140km/h以上の速度で落ちる高速フォークなど実は変化球も凄いんですよね・・・
ストレートを活かすための変化球、変化球を振らせるためのストレート。実にすごい。
バケモノ、まじ、バケモノ。

バッターとしては140メートル越えの特大ホームラン、逆方向でも飛距離のあるホームラン、ドーム天井弾など驚愕のホームランシーンを何度も目にしました。札幌ドームで逆方向にホームラン打つのは凄すぎる。
あと、球場で大谷選手のホームランを見たことがありますが、打球音がエグすぎでした。
打つ方もバケモノ、まじ、バケモノ。

そんな大谷選手が日本でプレーした5年間の軌跡をまとめたDVDが発売中です。
投手・野手それぞれの名場面集など2013年3月のデビュー戦から2017年10月の日本最後の登板となった「4番・ピッチャー」の雄姿までを収録。

投打ともに圧倒的な活躍を見せた大谷選手のカッコいい姿を見ることが出来ますよ!

メジャーリーグにも衝撃を与えた二刀流・大谷翔平

二刀流の輝かしい実績をひっさげて立ち向かったメジャーリーグ。もちろんメジャーリーグでも二刀流を疑問視する声があがりました。

日本よりも過密な試合スケジュール、過酷な移動、NPBとMLBのボールの違いなど環境が一変する中で投手・野手としての調整の難しさなど数々の困難が立ちはだかります。

投打ともに苦しんだオープン戦

Shohei Ohtaniの二刀流はメジャーリーグで通用するのか?

最初にその答えが出たのがオープン戦。ペナントレース開幕前のいわば練習試合ですね(正確にはちょっと違いますが)。
オープン戦で投打ともにアピールして開幕に弾みをつけたいところでしたが、フタをあけてみると防御率27.00、打率.125と投手・野手共に厳しい結果に。

二刀流はやはりメジャーで通用しない。そんな厳しい意見が飛び出すスタートとなってしまったのです。

大谷選手自身も、スプリングトレーニング、そしてオープン戦とメジャーリーグへの対応に苦労して思うよなプレーが出来なかったとシーズン終了後に行われた帰国会見で語っています。
そして、不調を脱するためにもメジャーの大先輩でもあるイチロー選手にアドバイスを求めたそうです。

不安を一掃!開幕直後から二刀流で大活躍

オープン戦で結果を残せず、開幕後も厳しい結果が予想される中でメジャー初登板となった4月1日アスレチックス戦。

結果は2回に3ランホームランを打たれるも6回を3失点、6奪三振でまとめメジャー初勝利。

投手としてメジャー初勝利をあげた2日後、4月3日のインディアンス戦に「8番・DH」で出場すると第1打席でいきなり右中間へ第1号ホームラン(メジャー初ホームラン)を放ち、オープン戦の不安を一掃、投打でいきなり結果をだしました。

メジャー初ホームランを打った時、ダイヤモンドを1周してダグアウトに帰ってきた大谷選手を他の選手が完全無視、その後、時間差で祝福する「サイレント・トリートメント」が話題になりましたね。
子供の用に無邪気にはしゃぐ大谷選手、可愛すぎる。本当に野球が大好きな野球少年って感じですね。

オープン戦の結果からShohei Ohtaniの二刀流はメジャーリーグで通用しないという評価を開幕後わずか一週間で覆して見せたのです。

そして、ここから大谷選手の快進撃が始まります。

投打で活躍するたびに様々記録が飛び出し、ついに野球の神様ベーブ・ルース以来99年振りの快挙となる「10本塁打&4勝」「50イニング登板&15本塁打」など二刀流としてメジャーリーグ何十年何百年振りの成績を記録します。
ちなみに、同一選手がシーズンで「10本塁打&50奪三振」という記録はなんと大谷選手が初とのこと。もう凄すぎ。バケモノ、まじ、バケモノ。

二刀流"Shohei Ohtani"がメジャーリーグでも輝きを放ち始めました。

投手断念!トミー・ジョン手術で再来年の復帰をめざす

順調に成績を伸ばしていた大谷選手をアクシデントが襲います。

6月に右肘内側側副靱帯の損傷が発覚し、10日間の故障者リスト(DL)入りとなってしまうのです。
その後の検査で新たな損傷が発覚し、2018年オフに「肘の内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)再建手術」いわゆるトミー・ジョン手術(TJ手術)を受けました。

トミー・ジョン手術を受けた場合、投手復帰までに約1年のリハビリが必要になるため2019年は打者に専念、本格的な二刀流復帰は2020年以降なります。

ケガをしてしまったことは残念ですが、2020年に万全の状態で戻ってきてください!

打者としての凄さを見せた2018年シーズン

右肘靭帯損傷の影響で投手としての出場は10登板に終わりましたが、打者としては114試合に出場、367打席で22本塁打という驚異的なペースで打ちまくったのです。
日本人打者のシーズン20本以上は松井秀喜氏に次いで史上2人目、メジャー1年目での20本塁打以上は大谷選手が初となりました。
※参考:松井秀喜氏のメジャーでのキャリアハイは680打席で31本塁打

打者としての凄さを見せつける2018年シーズンになりました。
2019年シーズン、打者に専念した大谷選手がホームランを何本打つのか、今から楽しみです。

大谷翔平選手の2018年最終成績

投手:4勝2敗(防御率3.31)
打者:打率.285(22本塁打、61打点)

投手としても打者としてもメジャーリーグに通用することを示した2018年シーズンでした。
2020年シーズンの二刀流復活後にいったいどのような成績を残すのか、いまからワクワクしてしまいますね。

これからも「SHO TIME」を期待しています。

日本人4人目の新人王獲得!

Shohei Ohtaniの二刀流はメジャーリーグにも大きな衝撃を与えました。
そして、投手・野手で素晴らしい成績を残したことが認められア・リーグ最優秀新人選手賞(新人王)に選出されました。

日本人選手がメジャーリーグで新人王を獲得するのは野茂英雄投手、佐々木主浩投手、イチロー選手に続いて4人目、二刀流での新人王はメジャーリーグ初の快挙です。

大谷翔平選手の魅力にハマろう

投手と野手の二刀流で日本だけではなく、アメリカも熱狂させた大谷翔平選手にさらに興味が湧いてきたならこちらの本がオススメです。

「サイレント・トリートメント」でみせた野球少年のような無邪気な笑顔や、自分の軸をしっかりと持った考え方、活躍するための思考法など大谷選手にはプレイヤー以外の魅力もたくさんあります。

大谷選手をより深く知ってみませんか?

大谷翔平 野球翔年I 日本編2013-2018

大谷選手が日本プロ野球界に在籍した5年間の軌跡をまとめた本。
何を考え日々プレーしていたのか、どこを目指しているのかなど大谷選手をより詳しく知ることが出来る一冊です。 電子版も配信中です!

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

高校1年から約8年間、大谷選手を取材した佐々木亨氏の著書。 大谷選手のご両親、花巻東高校の佐々木洋監督、日本ハムファイターズのスカウトディレクター、GM、そして栗山英樹監督に丹念に取材をし、これまでどこにも出ていない大谷翔平の「素顔」を著した唯一無二の一冊です。 電子版も配信中です!

別冊カドカワ 総力特集 大谷翔平 (カドカワムック)

2017年シーズン前に発売された貴重な本。
野球好きで知られるKAT-TUN・亀梨和也氏とのスペシャル対談や吉田豪による単独インタビューなど素の大谷翔平を知ることが出来る1冊。

大谷翔平 2019年カレンダー

2019年も毎日、大谷選手と一緒に過ごしませんか?

大谷翔平選手関連商品一覧

2018年のスポーツ界を振り返ろう!

  • 正月の風物詩「箱根駅伝」の青山学院大学4連覇
  • 平昌メダルラッシュ
  • サッカーロシア大会
  • 夏の甲子園100回大会で大阪桐蔭が連覇&金農フィーバー
  • 大坂なおみの全米オープン制覇
  • 広島カープのセ・リーグ3連覇&西武ライオンズ10年ぶりパ・リーグ制覇からのソフトバンクホークスが下剋上で日本シリーズ2連覇
  • Jリーグ 川崎が2連覇&鹿島が初のACL王者
などなど2018年のスポーツ界の出来事を振り返ります。

この記事を書いた人

トミヲ トミヲ:Neowingの書籍と電子書籍販売を担当しています。Twitterも担当していますので、フォロー宜しくお願いします!
社内で1,2位を争う野球好きのため、野球関連の記事もいろいろ書いてます。野球マンガも大好き。

Neowing電子書籍サービスについて

  • 電子書籍もNeowingポイントで購入できます。CD、DVD、グッズなどを買って余ったポイントがあればぜひ電子書籍をお試しください!
  • PC、スマホ、タブレットに対応、最大5台まで同時に利用できます。大画面で見るもよし、スマートフォンで持ち歩くもよし。ライフスタイルに合わせたデバイスでお楽しみください!
電子書籍サービスの詳細はこちらをご覧ください。

ご注意

  • 本編の閲覧には無料アプリ「Neowing eBook Reader」が必要です。
  • 電子書籍サービスはガラケーではご利用頂けません。