本/雑誌

真田幸村「英雄伝説のウソと真実」 (双葉新書)

跡部蛮/著

924円
ポイント 1% (9p)
発売日 2015年10月発売
出荷目安 販売終了 ※出荷目安について

販売終了のため、現在ご購入出来ません。

仕様

商品番号NEOBK-1874112
JAN/ISBN 9784575154658
メディア 本/雑誌
販売双葉社

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田幸村。幼少時より人質として各地の有力武将のもとで暮らし、関ヶ原の合戦後は父とともに九度山での蟄居生活を送るなど不遇の生活をかこった男が、最後の最後、天下人をすんでのところまで追いつめる。戦国武将のなかでも特に人気の高い英雄の語り継がれる伝説を史料を駆使して検証した。

関連記事

    収録内容

    1 第1章 真田一族と父・真田昌幸の活躍(一五四一~一五八五)(真田家のルーツは捏造されていたか?―「幸村の祖父」の謎
    2 幸村の人生にも深くかかわる「長篠の合戦」の謎―父・昌幸が世に出るきっかけとは...
    3 本名「信繁」と俗称「幸村」の名に隠された謎―幸村の家族 ほか)
    4 第2章 幸村初陣から九度山蟄居までの真田父子の軌跡と苦悩(一五八六~一六一三)(幸村の「人質奪還計画」は本当にあったのか―「上杉から豊臣」へ...幸村の「人質生活」
    5 幸村の「初陣」をめぐる謎―名胡桃事件と小田原ノ役
    6 名シーン「犬伏の別れ」は捏造されている!―東軍か、西軍か「関ヶ原の合戦」で父子、兄弟が袂をわかった本当の理由 ほか)
    7 第3章 幸村鮮烈デビュー!大坂ノ役勃発(一六一四~一六一五)(通説とはちがう「二条城の会見」と「方広寺鐘銘事件」の真相―秀頼の「覚悟」と家康の「思惑」
    8 「幸村、大坂入城!」の知らせに、家康はなぜ胸を撫で下ろしたのか?―「九度山脱出」の謎と幸村の「意外な評判」
    9 大坂方の「勝利の方程式」が実現しなかった本当の理由―幸村の「積極策」を拒否した大野治長の本音 ほか)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品