本/雑誌

動物の声、他者の声 日本戦後文学の倫理

村上克尚/著

3996円
ポイント 1% (39p)
発売日 2017年09月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2143240
JAN/ISBN 9784788515376
メディア 本/雑誌
販売新曜社

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

戦後文学の陥穽を衝く!人間性=主体性の回復をめざした日本戦後文学。しかし、そこに今次大戦の根本原因があるのだとしたら?武田泰淳・大江健三郎・小島信夫の作品に表われた「動物」の表象を手がかりに、文学そして共同体の再生を企図する、気鋭の力作。

関連記事

    収録内容

    1 なぜ動物なのか?
    2 第1部 武田泰淳―国家の戦争と動物(「審判」―「自覚」の特権性を問う
    3 『風媒花』―抵抗の複数性を求めて ほか)
    4 第2部 大江健三郎―動物を殺害する人間(「奇妙な仕事」―動物とファシズム
    5 「飼育」―言葉を奪われた動物 ほか)
    6 第3部 小島信夫―家庭を撹乱する動物(「馬」―戦後家庭の失調
    7 『墓碑銘』―軍事化の道程 ほか)
    8 第4部 動物との共生へ(『富士』―狂気と動物
    9 『万延元年のフットボール』―傍らに寄り添う動物 ほか)
    10 非対称的な倫理

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品