本/雑誌

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

伊藤羊一/著

1512円
ポイント 1% (15p)
発売日 2018年03月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2208505
JAN/ISBN 9784797395235
メディア 本/雑誌
ページ数 239

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

1分でささる伝え方! ヤフーアカデミア学長にしてグロービス講師 孫社長にも一目置かれた伝説の「伝え方」!

プレゼンに限らず、人前に立って話をする、指示をする、伝える、ということが苦手な方はいるでしょう。著者の伊藤氏は、そのプレゼンを聞いたソフトバンクの孫社長から認められるほどの技術の持ち主であり、今はグロービスの講師として、ヤフーアカデミアの学長として、起業家からビジネスパーソンまで年間300人以上のプレゼンを指導し、ピッチコンテストなどでの優勝者を続々と輩出しています。本書では、「右脳と左脳」に働きかける伊藤氏独特のメソッドを紹介します。

■ 1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない
「話が長い、手短に話せ」言われる方は少なくないでしょうが、伊藤氏の考えは「1分で話せないような話は、どんなに長くても伝わらない」というもの。長いのは話がまとまっていない証拠でもあり、相手に伝わらない一番の原因。そこで本書では、伝わる伝え方の「型」の部分だけでなく、「結論の決め方」、「言い切れない」というメンタルの部分の話から、1分で記憶に残す方法など、誰でもできる方法を紹介します。

【内容構成】

■ はじめに
私は、人に何かを伝えることが本当に苦手だった

■ 序章
そもそも「伝える」ために考えておくべきこと――うまいプレゼンより、「動いてなんぼ」/人はあなたの話の80%は聞いていない/「1分」で話す/「右脳」と「左脳」に働きかける

■ 第1章 「伝える」ための基本事項
・相手は誰か? どんなことに興味があるのか?
・ゴールは何か――「理解してもらう」はゴールにならない
・結局、動かしてなんぼ ―「きれいに話す」のは目的じゃない

■ 第2章 1分で伝える――左脳が理解するロジックを作る
・てっぺんのないピラミッドになっていないか――ロジカルな1分ストーリーを考える
・考える=結論を導き出す――事実やデータは結論じゃない 考えるつもりで、悩んでいないか
・根拠は3つ――ピラミッドで「枠組み」を共有しよう
・意味がつながっていれば「ロジカル」――1分で誤解なく伝える
・「基本的に」は不要――いらない言葉をいかに削るか
・頑張ったことは話すな!――話が伝わらなくなる6つの余計な話
「プロセス」を話す/気を遣いすぎる/自分の意見とは違うことを言う/笑いを入れる
・通じないときは、前提を揃えておく 「メタ認知」は優秀なビジネスパーソン

関連記事

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品