本/雑誌

やっぱ志ん生だな!

ビートたけし/著

1512円
ポイント 1% (15p)
発売日 2018年06月下旬発売
出荷目安 メーカー在庫見込あり:1-3週間 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2235772
JAN/ISBN 9784845917082
メディア 本/雑誌
販売フィルムアート社

商品説明

「ズブの素人が、志ん生さんと落語についてエラそうに語りました。お笑いください、許してね!」(ビートたけし)

ビートたけしがいま初めて明かす、「志ん生」「落語」という自らの「原点」。たけしが志ん生に勝負を挑む!

ビートたけしが最も敬愛する落語家として挙げる5代目古今亭志ん生。戦後の東京落語界を代表し、「天衣無縫」とも言われた芸風で愛された落語家は、なぜこんなにも人の心を掴んできたのか。本書では、そんな志ん生の“凄さ"をたけし独自の視点で分析。いまのお笑い界、落語界を斬りながらとことん語る!

過去には立川談志の弟子「立川錦之助」として、近年では立川談春の弟子「立川梅春」として、落語を披露することもある。

なぜいま志ん生なのか、なぜいま落語なのか。ビートたけしが満を持して真っ向勝負に挑む! 芸人としてトップを走り続け、映画界では「世界のキタノ」となり、「究極の純愛小説」を書き下ろし文学界に殴り込みをかける――常に挑戦し続ける巨匠であり、異端児でもあるビートたけしの原点である、落語家・志ん生についてたっぷり語った落語論&芸人論。

関連記事

    収録内容

    1 はじめに 突然変異の化け物か!?
    2 第1章 凄味―発想力は宇宙レベル
    3 第2章 原点―笑いと話芸のルーツ
    4 第3章 普遍―ごはんは飽きない
    5 第4章 創造―ライブ中毒
    6 第5章 芸人―融通無碍と危うさと
    7 おわりに 勝負の行方
    8 本書に登場する主な落語 たけしコメントつき

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品