本/雑誌

核実験地に住む カザフスタン・セミパラチンスクの現在

アケルケ・スルタノヴァ/著

2160円
ポイント 1% (21p)
発売日 2018年07月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2253802
JAN/ISBN 9784763408631
メディア 本/雑誌
販売花伝社

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

「わき上がってくるキノコ雲とまぶしい光を見た」冷戦下ソ連で秘密裏に行なわれた456回の核実験。意図的に被ばくさせられた人々の叫び、国をあげた反対運動、現在もおよそ120万人以上が苦しむ健康被害―。セミパラチンスク出身の著者が、閉鎖後の現在も近郊に住民が住む世界唯一の核実験場を見つめたフィールドワーク研究。

関連記事

    収録内容

    1 プロローグ―カザフスタンという国を知っていますか?
    2 第1部 セミパラチンスクでのフィールドワークから(セミパラチンスクにおけるソ連の核実験(1949~89年)
    3 「正史」が語ること、隠すこと
    4 住民の証言の中の被ばく
    5 「実験台」としての住民、治療なしの診察・入院
    6 インタビューを振り返って)
    7 第2部 「正史」としてのセミパラチンスク核実験場(セミパラチンスク核実験場の建設
    8 実験場閉鎖期およびカザフスタンの独立
    9 「ネバダ・セミパラチンスク」国際的反核運動)
    10 エピローグ―ザマナイ~時代よ!~
    11 付録:先行研究について

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品