本/雑誌

アフリカ眠り病とドイツ植民地主義 熱帯医学による感染症制圧の夢と現実

磯部裕幸/〔著〕

5832円
ポイント 1% (58p)
発売日 2018年07月発売
出荷目安 メーカー在庫見込あり:1-3週間 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2253826
JAN/ISBN 9784622085997
メディア 本/雑誌
販売みすず書房

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

本書は、ドイツ連邦文書館に収蔵されている一次史料から、植民地統治において医学が果たした役割と、第一次世界大戦後のいわゆる「ヴェルサイユ修正主義」との関係を論じる。いまだ眠り病が撲滅されていないという状況を鑑みるとき、そこで描かれる「植民地の過去」は、この問題が単にドイツ史における逸話としては片づけられない広がりをもつことを示している。

関連記事

    収録内容

    1 序章 植民地支配における「幸福な原住民」
    2 第1章 ドイツの眠り病対策―植民地版「特有の道」?
    3 第2章 東アフリカにおける薬剤治療―「隔離政策」という幻想
    4 第3章 ツェツェバエ対策―「代償行為」としての除草作業
    5 第4章 トーゴの眠り病対策―現地住民・「首長」・イギリスという「関係性」
    6 第5章 トーゴにおける収容所―「正面突破」の薬剤治療
    7 第6章 カメルーンという「辺境」―多難な船出
    8 第7章 カメルーンと眠り病―「見切り発車」のツケ
    9 第8章 戦間期ドイツの眠り病研究―特効薬「ゲルマーニン」をめぐって
    10 終章 植民地の過去をめぐる「二重の忘却」

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品