本/雑誌

世界一高価な切手の物語 なぜ1セントの切手は950万ドルになったのか / 原タイトル:THE ONE-CENT MAGENTA

ジェームズ・バロン/著 高山祥子/訳

2052円
ポイント 1% (20p)
発売日 2018年07月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2254325
JAN/ISBN 9784488003883
メディア 本/雑誌
販売東京創元社
ページ数 23

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

1856年、英領ギアナで暴動が起こり、本国から切手が届かないことを恐れ、急場しのぎに地元の新聞社である切手が印刷された。地元のみで使用され、そのまま忘れ去られたが、これがのちに1セント・マゼンタとして知られることになる切手であった。発行から17年後、ある少年が廃屋でこの切手を発見。以降、この冴えない見た目の切手の価値は、コレクターたちのあいだで跳ね上がっていく―。なぜ、どのようにして、その切手はとてつもない価値を有するに至ったのか?世界で一枚しかないとされる切手と、それをめぐる人々の数奇な運命と情熱を描く、傑作ノンフィクション!

関連記事

    収録内容

    1 第1章 切手の世界
    2 第2章 デイヴィッドとの旅
    3 第3章 一セント―一八五六年:印刷され、売られ、忘れられる
    4 第4章 六シリング―一八七三年:十二歳の少年が発見
    5 第5章 百二十ポンド―一八七八年:グラスゴーとロンドン
    6 第6章 百五十ポンド―一八七八年:マリンキャップの男
    7 第7章 三万二千五百ドル―一九二二年:葉巻をくわえた富豪
    8 第8章 四万ドル―一九四〇年:怒れる未亡人、メイシーズ、そしてもう一人の富豪
    9 第9章 二十八万六千ドル―一九七〇年:ウィルクスバリの八人
    10 第10章 九十三万五千ドル―一九八〇年:“その男は現われた”
    11 第11章 九百五十万ドル―二〇一四年:「赤紫色が見えるだろうと思っていたが、やはりマゼンタが見えた」

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品