本/雑誌

あの日のオルガン 疎開保育園物語

久保つぎこ/著

1620円
ポイント 1% (16p)
発売日 2018年07月発売
出荷目安 メーカー在庫見込あり:1-3週間 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2254533
JAN/ISBN 9784022515544
メディア 本/雑誌
販売朝日新聞出版
ページ数 293

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

太平洋戦争末期、子どもたちの命を守った保母がいた。日に日に空襲が激しくなる東京から、園児53人を連れて埼玉の無人寺へ。「疎開保育園」を作る、それはこれまで誰もやったことがないことだった。戦争への怒りと空腹、24時間保育に疲れ果て、もうやめようか?と迷い、それでも―園児たちの命を守り抜いた若き保母たちの戦いの記録。

関連記事

    収録内容

    1 プロローグ(「ヘイタイサーン、オーイ...」
    2 バスは走る、三十六年前に向かって)
    3 第1章 「保育園も疎開はできます」(一九四五年八月十五日―埼玉県南埼玉郡平野村高虫
    4 幼児疎開を単独で決行 ほか)
    5 第2章 荒れ寺に園児と保母がやってきた(一里半を、いま歩けば...(一九八〇年)
    6 疎開先へ出発の日 ほか)
    7 第3章 東京大空襲と熊谷空襲のはざまで(ゆでた大根の上、ごぼうとにんじんの鯉はひるがえる
    8 久保庭正夫・輝夫、一家全滅 吉田節子、父親以外全滅 藤ノ木健之、一家全滅 ほか)
    9 エピローグ(井の頭保育園の卒園式
    10 保母たちのその後―年譜と手書きによる意見)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品