本/雑誌

邪馬台国は「朱の王国」だった (文春新書)

蒲池明弘/著

950円
ポイント 1% (9p)
発売日 2018年07月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2255556
JAN/ISBN 9784166611775
メディア 本/雑誌
販売文藝春秋
ページ数 262

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

邪馬台国とヤマト王権。ふたつの古代国家は、朱の採掘と輸出によって繁栄した「朱の王国」だった―邪馬台国論争、古事記・日本書紀に記された神話と歴史、巨大古墳の造営バブル、大仏造立など数々の謎に関する新解釈が「朱の視点」によって浮かび上がる!

関連記事

    収録内容

    1 序章 奈良と九州―太古の火山と朱の鉱床群
    2 第1章 邪馬台国―「朱の王国」のはじまり
    3 第2章 神武天皇と神功皇后―古代産業の記憶
    4 第3章 前方後円墳と朱のバブル
    5 第4章 奈良時代―「朱の王国」の黄昏
    6 第5章 伊勢―なぜ、そこに国家的な神社があるのか

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品