本/雑誌

中世の罪と罰 (講談社学術文庫)

網野善彦/〔著〕 石井進/〔著〕 笠松宏至/〔著〕 勝俣鎭夫/〔著〕

1265円
ポイント 1% (12p)
発売日 2019年11月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2431132
JAN/ISBN 9784065178690
メディア 本/雑誌
販売講談社
ページ数 291

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

御成敗式目になぜか罪と明記された悪口。その罰は流罪だった。盗みは死をもって贖われ、罪人の家は焼却、年貢を未納すれば奴隷...荒々しく理不尽にも見える中世人の法意識とは?時の彼方に失われた日本の姿が、十篇の珠玉の論考から豊かに浮かび上がる。中世史研究の黄金時代を築いた四人の大家が一堂に会した、記念碑的著作!

関連記事

    収録内容

    1 1 「お前の母さん...」
    2 2 家を焼く
    3 3 「ミヽヲキリ、ハナヲソグ」
    4 4 死骸敵対
    5 5 都市鎌倉
    6 6 盗み
    7 7 夜討ち
    8 8 博奕
    9 9 未進と身代
    10 10 身曳きと“いましめ”
    11 討論 “中世の罪と罰”

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品