読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「若松英輔」の作品一覧

18件中1-18件 (1/1ページ)
  • 「生きがい」と出会うために 神谷美恵子のいのちの哲学 1540円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2021/04/30

    喪失の時代、私たちを支える「他者」との邂逅 古今東西の哲学者、宗教家、詩人、作家、そして無名の人々の言葉を引用し、「生きがい」とは何かを論じた神谷美恵子の『生きがいについて』。刊行から50年以...

  • 生きていくうえで、かけがえのないこと 1430円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/03/26

    ふれる、聞く、愛する、憎む...... 悲しみの先に広がる 25の風景 『悲しみの秘儀』に続き魂の思想家が贈るエッセイ集! 生きていればときに闇の中を歩かなくてはならないことがある。そうし...

  • 魂にふれる——大震災と、生きている死者 【増補新版】 1870円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/03/05

    悲しいと感じるとき、亡き愛する人を感じたことはないだろうか。 悲しいのは、亡き人が近くにいるからだ、そう思ったことはないだろうか。 西田幾多郎、鈴木大拙、田辺元、井筒俊彦、小林秀雄、柳田國男、...

  • 読書のちから 1430円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/12/11

    本を読むことは、書き手との対話である。 だが、誰と対話するかは慎重に選ばなくてはならない—— 恩師・井上洋治、遠藤周作、須賀敦子、神谷美恵子、池田晶子、柳宗悦......。 著者自身の「危機」...

  • 不滅の哲学 池田晶子 1870円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/12/11

    「いのち」によって支えられている今を深く味わう。 そのときはじめて、私たちは深い安堵に包まれる、と池田晶子はいうんだ。 『14歳の哲学』をはじめ多くの傑作を遺した孤高の哲学者、池田晶子。 彼...

  • 新編 志樹逸馬詩集 2530円
    作家 志樹逸馬 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/13

    曲った手で 水をすくう こぼれても こぼれても みたされる水の はげしさに いつも なみなみと 生命の水は手の中にある 指は曲っていても 天をさすには少しの不自由も感じない (「...

  • 14歳の教室 どう読みどう生きるか 1320円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2020/10/30

    進むべき道に迷ったとき、先が見えずに苦しいとき、生きがいを見失ったとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「分かる」「考える」「読む」「書く」「聞く」「話す」――素朴な動詞の意味を問いながら、大...

  • 弱さのちから 1430円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/08/14

    弱さを肯定するところから、生まれるもの—— 強くあるために勇気を振り絞ろうとする。 だが、そうやって強がろうとしても、勇気は湧いてこない。 勇気は自分の「弱さ」と向き合いつつ、大切な人のこと...

  • 本を読めなくなった人のための読書論 1320円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/08/14

    本は ぜんぶ読まなくていい たくさん読まなくていい 多読・速読を超えて、人生の言葉と「たしかに」出会うために。 NHK「100分de名著」常連の本読みの達人が案内する読書の方法。 本が読めな...

  • 詩集 愛について 1980円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/07/10

    愛する人への想いに心を揺さぶられる、珠玉の36篇 「いなくなってしまった大切な人」への想いを綴る、詩集として異例の売行をみせる著者の最新詩集。

  • いのちの巡礼者――教皇フランシスコの祈り 1430円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/03/06

    カトリック信者の批評家が、教皇の言葉から「希望」のありかをさぐる 38年ぶり2度目の来日を果たしたローマ教皇。 日本のカトリック界の代表として、その教皇のすべての来日講演に臨席した著者が、教皇...

  • 悲しみの秘義 801円
    作家 若松英輔
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    もしあなたが今、このうえなく大切な何かを失って、 暗闇のなかにいるとしたら、この本をおすすめしたい――(解説・俵万智) 宮沢賢治、須賀敦子、神谷美恵子、リルケ、プラトン、小林英雄、ユングらの、...

  • 考える教室 大人のための哲学入門 499円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/04/12

    プラトンから吉本隆明まで。あの哲学者たちが遺した言葉を読み解く秘義とは。「対話する」「考える」「働く」「信じる」という身近なテーマから、あなたの中にある「私の哲学」を見つけていく。人生にとって一...

  • NHK「100分de名著」ブックス 石牟礼道子 苦海浄... 935円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/02/22

    工場排水の水銀が引き起こした“文明の病”「水俣病」について、患者とその家族の苦しみを、同じ土地に生きる著者が記録した『苦海浄土』。「水俣病」という固有名にとどまらず、人間の尊厳について普遍的な問...

  • 別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別... 770円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    なぜ人には詩が必要なのか? 国民的詩人・茨木のり子が遺した素朴な詩は、なぜ日本人の心に響くのか? 「詩」を感じることができれば、言葉は人生を支える糧となる。詩と出会う大切さを知ることで、自分を励...

  • キリスト教講義 1733円
    作家 若松英輔 山本芳久
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/17

    『イエス伝』(2015、中央公論新社)などの著者であり、自らもキリスト者である若松英輔さん。 『トマス・アクィナス 理性と神秘』(2017、岩波新書)などの著作がある哲学者である山本芳久さん。 ...

  • 小林秀雄 美しい花 2649円
    作家 若松英輔
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/12/08

    美しい「花」がある、「花」の美しさという様なものはない。 色、音、光、香り、言葉、あるいは不可視な感情の痕跡――。 芸術に触れ、真につき動かされたときに遭遇する何かこそが、 真の美であり、実在...

  • 生きる哲学 866円
    作家 若松英輔
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2015/02/20

    人間についての普遍的な原理を難しい言葉で記述するばかりが「哲学」ではない。書物に書かれている高尚な哲学ばかりが「哲学」ではない。ときに肉声のなかに、手紙のなかに、あるいは人知れぬ行為のなかに、真...

  • 1
セーフサーチの状態