読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

表現者2011年9月1日 38号 インドと日本――西洋文明に替わるもの

表現者2011年9月1日 38号 インドと日本――西洋文明に替わるもの
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 367円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2012/10/01

第二次世界大戦後、インド独立の原動力となったガンジー。彼の生涯を追いながら、インドという国家における「束ね」を考察する。宗教、言語、コミュニティ......ガンジーを主人公にした『魔王の愛』を書いた小説家・宮内勝典と、アジア学の俊英、本誌編集委員・中島岳志が丁々発止、問題を提起、かつ軽やかに解説していく。インドは、日本の写し鏡だった! 日本人の生き方をも問う大激論。必読!!
[表現者2011年9月号掲載]

富岡幸一郎関連作品

中島岳志関連作品

宮内勝典関連作品

  • 永遠の道は曲りくねる 1815円
    作家 宮内勝典
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/06/09

    世界を放浪していた有馬は、旧友の誘いにより、沖縄の精神病院で働くことになる。そして再び、運命の歯車は動き出す。《終わらぬ悲劇の連鎖》と《生命の煌めき》を描く、至極の超大作!

ジョルダンブックス関連作品

表現者関連作品