読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

やってみました!「年収100万円の豊かな節約生活術」

やってみました!「年収100万円の豊かな節約生活術」
電子書籍版
価格 714円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 96
販売開始日 2018/02/23
紙書籍版 取り扱い中

主婦向け雑誌はもちろんのこと、いまや高級ビジネス誌にまで「節約」「貯金」という言葉があふれる時代。身体の贅肉を落とすように家計のムダを省くことは、しあわせへの第一歩なのでしょう。しかし、節約にはそれなりのノウハウと忍耐が必要です。
コミックエッセイ『やってみました!「年収100万円の豊かな節約生活術」』の筆者である春原弥生さんは、結婚して三年で貯金がまったく増えていないことをご主人に言えずにいました。贅沢や浪費をしているつもりはないのに、お金は羽が生えたようにどこかに消えて行きます。でも、節約に対しては「辛い」「暗い」「難しい」という先入観があり、背を向けてきました。ところが春原さんは2011年に刊行された『年収100万円の豊かな節約生活術』(文藝春秋刊)という本に出会い、著者の山崎寿人氏に弟子入りすることを決意しました。山崎氏は東大卒の51歳、20年にわたって月に3万円の生活費で面白おかしく暮らしています。書名にある「豊かな」がポイントです。「苦痛」「我慢」「無理」なく、節約をするという“思想”に惹かれて、春原さんは節約の達人を訪ねたのです。
まずは出費を洗い出して、問題点を抽出。つぎに市場調査を行い、銀行口座やクレジットカードを整理しました。家計簿をつけ、ついに春原家の“ムダの伏魔殿”が何であるかをつきとめました。そして、節約の途中経過を師匠である山崎氏に報告すると、そこで究極の節約方法を伝授されました......。
ほんとうに「ストレスフリー」で節約することはできるのか。本書には、節約アレルギーを克服した筆者の心の揺れと成長が克明に記されています。

春原弥生関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    キャッシー 1801円
    作家 中森明夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/01/14

    一人のアイドルの輝ける愛、そして復讐 さえない少女はいかにアイドルとして生まれ変わったのか。誰よりもアイドルの深奥を知る作者が放つ比類なきドラマ。装画・のん。

  • 新着!
    桜庭一樹のシネマ桜吹雪 1500円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/01/14

    目を凝らせ、魂をみつけろ―― 少女とヒーローと無数のifに満ちた映画ワールドがここに。 ・音楽の神さま、あの娘を助けて 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 ・老いたるロッキーは神話的英雄だ 『クリ...

  • 新着!
    猫がこなくなった 1701円
    作家 保坂和志
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/01/14

    猫好きの友人の高平君がうちに来て、涙ながらにいなくなった猫の話をはじめた、聞けば聞くほど私が外で世話していたキャシーそっくりだった。 ついに1ヵ月経ったところで高平君は、迷い猫のポスターを貼りだ...

  • 新着!
    むさぼらなかった男 渋沢栄一「士魂商才」の人生秘録 1599円
    作家 中村彰彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/01/14

    NHK大河&新しい一万円札の顔! 「幕末の志士」から「日本資本主義の父」へ。誰も知らなかった渋沢栄一の素顔を直木賞作家の中村彰彦が解明する。歴史秘録の決定版!

  • 新着!
    ロッキード 2400円
    作家 真山仁
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/01/13

    角栄はなぜ葬られたのか? 新証言と膨大な資料を駆使した人気作家渾身の超弩級ノンフィクション、ついに刊行! フワフワとした事件――元最高裁判事が抱いた違和感とは。 前総理逮捕という「特捜の金字塔...

  • Number PLUS 「永久保存版 ディエゴ・マラド... 1300円
    作家 Number編集部
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/12/23

    永久保存版 ディエゴ・マラドーナ 1960-2020 1986 World Cup MEXICO [“神の手”と“5人抜き”を語る] リネカー「嘘なんかじゃない。拍手を送るべきだと思ったんだ」...

「エッセイ・日常・家庭」カテゴリ