読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

南洲残影

南洲残影
電子書籍版
価格 602円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 288
販売開始日 2018/03/20
紙書籍版 取り扱い中

日本人の心情を深く揺り動かして止まない
「西郷南洲」という思想

軍資金は薩軍七十万に対し官軍四千二百万円。兵力は終には四百対五万。
西郷隆盛はなぜ、滅亡が明らかな西南戦争に立ったのか? 何に対して戦おうとしたのか?
「城山」、「抜刀隊」、わらべ唄......。いまなお日本の近代に対峙する「西郷という思想」の意味が、嫋々たる歌の調べにのせて明らかにされる。
解説・上村希美雄

江藤淳関連作品

文春文庫関連作品

  • 助けてと言えない 孤立する三十代 630円
    作家 NHK「クローズアップ現代」取材班
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/22

    誰もが「助けて」と言える社会を構築するための提言の書、電子版刊行。 コロナ禍で進む弱者切り捨てに異議申し立て! 孤独死した39歳の男性が、便箋に残した最後の言葉は「たすけて」だった‐‐。社会か...

  • 花の鎖 730円
    作家 湊かなえ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/15

    驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働いていたが、伯父夫婦の...

  • 恐怖と愛の映画102 681円
    作家 中野京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/08

    母と息子がなごむ直後、心底ぞっとする映像が......。 『怖い絵』の著者が、「母」「電話」「乗り物」「家」など9つの主題で102本の映画を紹介し、人間心理の怖ろしさと深さを鋭く分析したエッセイ...

  • 車夫 (1~2巻) 801円850円
    作家 いとうみく
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/08

    時代に逆行した乗り物――人力車。 だけど乗る人を笑顔にできる素敵な乗り物でもあるのです! 家庭の事情で高校を中退した吉瀬走は、生きるために夢中になった陸上も辞めざるを得なかった。 そんな中、陸...

  • ヒヨコの蠅叩き 691円
    作家 群ようこ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/08

    体はツライけど、心はシャンと生きるのだ。 毎日を切り開く痛快エッセイ! 「何いってんだ、この、すっとこどっこい!」 あまりに身勝手過ぎる男に言い放つと、彼は泣き始めた――。 〈狼が羊の皮をかぶ...

  • ウェイティング・バー 691円
    作家 林真理子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/08

    「女は、怖い」のではない「怖いから、女」なのだ。(酒井順子「解説」より) 脛に傷もつ男女におとずれる恐怖の瞬間。 結婚式が終わった夜のバー。披露宴の司会をした美女とグラスを傾けながら、花嫁を待...

「人物評伝」カテゴリ