読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

志士から英霊へ

志士から英霊へ
電子書籍版
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 258
販売開始日 2019/09/27
紙書籍版 取り扱い中

反逆の罪に問われて死罪となった吉田松陰は、明治になって甦り靖国神社に祀られ、教育者としても賞揚されている。西郷隆盛も、時代によって、人によって評価がわかれる。幕末に尊王攘夷を掲げた志士たちの実像は、為政者や時代の空気によって書き換えられる。
そもそも尊王攘夷とは、中国の儒教から出てきた考え方で、君主の権威を擁護して異民族を国外に排斥することである。幕末の志士たちは、列強の脅威をはらい天皇を担ぎ出して維新を遂行した。やがて彼ら自身が英霊として担がれ、1945年まで生き続ける。志士から英霊へ――継続あるいは転換はどのようにおきたのだろうか。『儒教が支えた明治維新』に続く新・維新論。

小島毅関連作品

  • 義経の東アジア 1500円
    作家 小島毅
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春学藝ライブラリー
    販売開始日 2021/04/14

    〈源平合戦の勝敗は、黄金と銭が決した!〉 なぜ、奥州藤原氏は義経をかくまったのか。 なぜ、平清盛は福原に遷都したのか。 なぜ、頼朝は弟義経を殺したのか。 十二世紀、中国大陸の宋と金の興亡が、...

  • 近代日本の陽明学 1595円
    作家 小島毅
    出版社 講談社
    レーベル 講談社選書メチエ
    販売開始日 2019/07/15

    我々が創出した「近代」の問題の本質は、三島由紀夫事件と水戸学の系譜が交差するとき明らかになる。「陽明学」解釈史にして日本近代思想史の驚くべき読み直し。

  • 儒教が支えた明治維新 1650円
    作家 小島毅
    出版社 晶文社
    販売開始日 2017/12/29

    中国や韓国は儒教によって国が統治され、儒教は服装や冠婚葬祭のやり方まで、社会のすみずみに行きわたっていた。日本では、朱子学や陽明学は、武家の間に広まり、その儒教的教養の水脈は、水戸光圀、大塩平八...

  • 近代日本の陽明学 1485円
    作家 小島毅
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社選書メチエ
    販売開始日 2015/08/28

    近代日本が堕ちた「善意」の闇。善意が起こす「革命」はタチが悪い! 我々が創出した「近代」の問題の本質は、陽明学と水戸学の系譜が交差するとき明らかになる。陽明学の新たな解釈史にして、日本近代思想史...

晶文社関連作品

「江戸・近代」カテゴリ