読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本の民俗学

日本の民俗学
電子書籍版
価格 1320円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 416
販売開始日 2019/11/08
紙書籍版 取り扱い中

民俗学とは何か。表題作ほか「国史と民俗学」「実験の史学」など学問実践の体系化を目指した論考によって「方法としての民俗学」を浮き彫りにする文庫オリジナル論集。折口信夫との対談、生涯と学問について語った「村の信仰」を併せて収める、柳田学入門の決定版。〈解説〉佐藤健二

【目次】
I 日本の民俗学
郷土研究ということ/日本の民俗学/Ethnologyとは何か/日本の民俗学/ 郷土研究の将来 /国史と民俗学/実験の史学/ 現代科学ということ/日本を知るために

II 柳田国男・折口信夫対談
日本人の神と霊魂の観念そのほか
民俗学から民族学へ――日本民俗学の足跡を顧みて

III 村の信仰――私の哲学

柳田國男関連作品

中公文庫関連作品

  • 阿呆旅行 1034円
    作家 江國滋
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/05/31

    「目はたのしくても、しかし、足は災難である」――坂の街・長崎を始め、〝百閒文学の熱狂的信者〟をもって自認する著者が、伊勢から網走、出雲、岡山など全国二十四ヵ所をめぐる、昭和の旅の魅力を満載した紀...

  • 香港・濁水渓 増補版 1100円
    作家 邱永漢
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/05/31

    戦後まもない香港で、故郷を捨てた台湾人たちがたくましく生き抜く姿を描き、一九五六年、外国人初の直木賞受賞作となった「香港」。日本統治と国民党の圧政のもと、ある台湾人青年が味わった挫折と虚無を主題...

  • グレイのものがたり 1320円
    作家 いせひでこ
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/05/31

    絵描き一家にシベリアンハスキーの子犬がやってきた。愛くるしくも一家をふりまわす子犬時代、成長したある日の突然の発作、そして末期ガンを宣告されて......。絵描きとして、その「死」から眼をそらさ...

  • 和辻哲郎座談 1320円
    作家 和辻哲郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/05/31

    学友・谷崎潤一郎のほか、志賀直哉、高坂正顕、幸田露伴ら多彩な顔ぶれと自由闊達に語る。オリジナル編集による初の座談集。未収録三篇を含む全十篇。没後六〇年記念。〈解説〉苅部直

  • 新装版 五郎治殿御始末 660円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/05/31

    激動の明治維新期。突如「武士」という職業がなくなり、行き場所をなくした岩井五郎治は、遺された孫のために命も誇りも投げ出す覚悟を決める。やがて訪れる最期の時。町人として明治を生きる孫に、五郎治がの...

  • 花火 吉村昭後期短篇集 946円
    作家 吉村昭 池上冬樹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/05/21

    滅しゆく身体の変化。ほのかな生命のゆらぎ。若き日に死線を彷徨った作家は、生涯を通して生と死を見つめ続けた。円熟の晩年を迎え、その静謐な目は何をとらえたか。短篇小説の名手でもあった吉村昭が昭和後期...

「文化人類学・民俗学」カテゴリ