読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬

「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬
電子書籍版
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2020/04/01
紙書籍版 取り扱い中

内容紹介
その家は何かがおかしい...謎の箱、連鎖する死の結末は?
呪われた血族と家の間取り、 元祖・家系怪談の傑作がついに復活!!!

「超」怖い話四代目編著者・加藤一が2004年に始めた伝説のソロワークシリーズ「弩」怖い話。
今なお傑作の呼び声高いそのシリーズ1、2巻から最恐怪談を厳選、後日談とともに収録した待望のベスト版が登場!

●謎の溺死をとげたウナギ捕りの名人。川でいったい何が...「深く潜る」
●会社の用意した2Kのアパート。だがそこには先住者が...「あんた誰だ」
●一人娘を嫁に貰う条件として出された妻の実家での同居。夫だけに襲いかかる怪異、仏壇裏に隠された謎の箱、義親は何を隠しているのか...「香津美の実家」
●自殺の前に誰かを訪ね、何かを託す。不気味な連鎖の果てに待つものは...「新婚の部屋」
●「香津美の実家」と「新婚の部屋」、一連の忌まわしき事件の衝撃の後日談!...「あの話の続き」

ほか、怪異の起きた家の詳細な間取りを再現した元祖家系怪談が再臨!

著者について
加藤一 Hajime Kato
1967年静岡県生まれ。O型。獅子座。
人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』4代目編著者として、冬版を担当。
また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超-1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。
主な著作に『「忌」怖い話』、『「超」怖い話』シリーズ、『「極」怖い話』シリーズ、『「弩」怖い話』シリーズ(以上、竹書房文庫刊)、『怪異伝説ダレカラキイタ』シリーズ(あかね書房)など。

加藤一関連作品

竹書房怪談文庫関連作品

  • 怪談社書記録 闇語り 715円
    作家 伊計翼
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/05/28

    内容紹介 「コイツさ、ゆうれいが視えるんだぜ」 血だらけになった彼がひとりの少女を連れてきた――(「愛を知らない」収録) 怪談社の実話怪談、背筋を揺さぶる新シリーズ! メディアでも活躍中、全...

  • つくね乱蔵実話怪談傑作選 厭ノ蔵 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/05/28

    内容紹介 蔵に封印されていた呪いの般若面 禁を解いてしまった男は...(「紙般若・後日談」より) エグみ×恐ろしみの最凶フュージョン。 厭の上塗り、禁断の書き下ろしも収録! 〈絶望系怪談作家...

  • 呪女怪談 715円
    作家 牛抱せん夏
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/05/28

    内容紹介 「お前の隣にいるその子だれだっけ?」 顔を上げると、土気色の肌の女の顔が――(「トンネルII」収録) 体験者のリアルな恐怖を牛抱せん夏が克明に語る! 人気女流怪談師が、体験者の生々...

  • 拝み屋備忘録 ゆきこの化け物 715円
    作家 郷内心瞳
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/05/28

    内容紹介 本当の祟りの、憑き物の話をしよう。 ――背後に得体の知れない気配を感じても、残念ながら私は何もしてあげられない(前書きより抜粋) 拝み屋に持ち込まれた生々しい実話怪異譚! 東北で拝...

  • 群馬百物語 怪談かるた 715円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/04/27

    内容紹介 富岡製糸場の乾燥場を撮ると妙なモノが写ってしまう... 前橋市の血吸い岩、桐生市の魔の姫地蔵、高崎城址の怪ほか、群馬県のご当地怪談100! ●飛び降り自殺の多発するマンション。落下地...

  • 蝦夷忌譚 北怪導 715円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/04/27

    内容紹介 札幌市手稲区のコンビニ前に伏す黒い影。跨ぐと火に纏わる凶事が... 北海道の住宅地・民家で現在進行形で起きている怪、 今もっとも身近で恐ろしい道内のご当地怪談!! 大ヒット前作「恐怖...

「日本」カテゴリ