読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

駆け入りの寺

駆け入りの寺
電子書籍版
価格 1901円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/04/27
紙書籍版 取り扱い中

誰にだって、逃げ出したい時がある――
悩みを抱える人々が、駆込寺の門を叩く。


落飾した皇女が住持を務める比丘尼御所。
そのひとつである林丘寺では、前住持であり後水尾帝の皇女・元瑶と、
現住持である霊元帝の皇女・元秀を中心に、宮中と同じような生活が営まれていた。

四季折々の年中行事、歴代天皇の忌日法要を欠かさず行い、
出家の身でありながら、和歌管弦、琴棋書画を嗜む。
尼たちの平穏で優雅な暮らしのなかに、
ある日飛び込んできたのは「助けてほしい」と叫ぶ、若い娘だった――。

現世の苦しみから逃れた、その先にあるものとは何なのか。
雅やかで心に染み入る連作時代小説。

澤田瞳子関連作品

  • 新着!
    星落ちて、なお 1801円
    作家 澤田瞳子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/12

    鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。 父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。 不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・...

  • 火定 850円
    作家 澤田瞳子
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2020/11/27

    天然痘が蔓延する平城京で、感染を食い止めんとする医師と、混乱に乗じる者は――。直木賞・吉川英治文学新人賞ダブルノミネート作品。

  • 秋萩の散る 715円
    作家 澤田瞳子
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/10/09

    国のため命懸けで荒海を渡る遣唐使、左遷され、失意の道鏡に囁かれた邪な誘い。『若冲』『落花』の著者が贈る奈良時代絵巻。

  • 戦国の教科書 1562円
    作家 天野純希 今村翔吾 木下昌輝 澤田瞳子 武川佑 矢野隆 末國善己
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/30

    6人の人気作家が戦国時代のキーワードを元に短編小説を書き下ろし。さらに各作品に解説・ブックガイドも。戦国がもっと好きになる!

  • 月人壮士 <電子書籍版 特典付き> 1870円
    作家 澤田瞳子
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/06/10

    「全き天皇」であること――その何人にも推し量れぬ孤独を、聖武帝の生涯を通じてあぶり出す野心作! 時は756年、大仏を建立した首太上天皇が崩御する。やがてゆかりの人々が語り出したのは、死してなお謎...

  • 落花 1870円
    作家 澤田瞳子
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/04/26

    時は937年。己の音楽を究めんと、幻の師を追い、京から東国へ下った仁和寺の梵唄僧・寛朝。そこで彼は、荒ぶる地の化身のようなもののふ・平将門と出会う。やがて時代の混迷と戦場の「音」が、何もかも隔た...

文春e-book関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ