読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

YouTube作家的思考

YouTube作家的思考
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 924円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 184
販売開始日 2020/09/04
紙書籍版 取り扱い中

モンスターYouTubeチャンネルに携わる人気作家のアタマの中とは!
『フワちゃんTV』『しもふりチューブ』『カジサック』『上原浩治の雑談魂』
バズりの理由と成功の道すじ

テレビにCM、書籍に雑誌あらゆるメディアで活躍するようになったYouTuber。
その人気YouTuberの多くはマネージメント会社と契約し、チームを抱えてチャンネルを運営していくYouTuberも少なくない。
こうしたなかで、動画の企画、構成、分析などをメインに行う「YouTube作家」という存在が注目を集めている。
マンネリを打破する企画や、"バズる"仕掛けを考えていくことでYouTuberをサポートし、チャンネルの人気維持と向上に貢献している陰の立役者であり、中にはプロデュース的な立ち位置の人もいる。

そんなYouTube作家の中でも、注目を浴びる最先端の5人がいる。
『フワちゃんTV』の長崎周成
『しもふりチューブ』の白武ときお
『カジサック』の山口トンボ
『上原浩治の雑談魂』の谷田彰吾
YouTubeキュレーターのカツオ

本書では、YouTubeとテレビなど、複数のジャンルで活躍する上記の5名の放送作家たちが、どのような戦略でYouTubeにアプローチし、人気チャンネルに貢献しているのか、YouTubeにおける作家的な思考を明かしていく。
その越境的な活動からは、多くのコンテンツに通じる「おもしろいもの」「伝わるもの」の考え方、作り方が見えてくるはず。


CONTENTS
1章長崎周成の思考
~ハイブリッド芸人フワちゃんの相方!?~
2章白武ときおの思考
~お笑い第7世代のコンテンツ力とは~
3章谷田彰吾の思考
~邪道作家がYouTubeの先に見る未来~
4章山口トンボの思考
~崖っぷちからの寄り添い方~
5章カツオの思考
~TV企画マンがいまYouTubeキュレーターなワケ~

白武ときお関連作品

扶桑社BOOKS新書関連作品

「サブカルチャー」カテゴリ