読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

誤解だらけのアセットアロケーション―実務家のためのガイド

誤解だらけのアセットアロケーション―実務家のためのガイド
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 4950円(税込)
ポイント還元 49ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 306
販売開始日 2020/09/25
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

資産運用(アセットアロケーション)の理論の世界には、誰からも疑われることのなかった考え方、疑ってはいけないとされてきた考え方があります。
〇アセットアロケーションを決めれば、資産運用のリターンはほぼ決まる
〇長期で投資するほど、リスクを小さくできる
〇複雑な工夫をせず、単純に様々な資産クラスを等ウェイトで保有するほうがリターンは高い
......実は、これらは、頑なな誤解です。

こうしたアセットアロケーションをめぐる様々な誤解に対して、本書では、理論と実務の橋渡しの実現をはかります。
原著者による「序文」では、本書の目的は以下であるとしています。
「1952年にハリー・マーコヴィッツが”ポートフォリオ選択”の理論を発表して以後、この実践への適用は、長足の進歩を遂げてきた。しかし同時に、アセットアロケーションに関するある種の頑なな誤解も生まれた。
本書の2つのゴールは、アセットアロケーションの実務において誰しもが直面する課題と疑問に対処する方法を示すこと、そしてアセットアロケーションに関する様々な誤解を払拭することである。」

アセットアロケーションの理論を切り開いたハリー・マーコビッツ(1990年ノーベル経済学賞)は「本書の紹介」にて次のように推薦をしています。
「アセットアロケーション(資産配分)の世界において、実務上は重要だが議論のあるトピックについて、習熟した学者達が自身の明確な見解を表しながら、数学に明るくない実務家を意識して書かれた優れた書籍はほとんど存在しない。本書は、その空白を埋めるものである。」

世界有数の金融グループであるステート・ストリートに所属する著者たちが、アセットアロケーションをめぐるファイナンス理論に関する誤解に対して、基礎理論を正しく理解し(第I部)、誤解を解きほぐし(第II部)、最新のイノベーションを解説することを通して(第III部)、理論と実務の世界の橋渡しを実現した実務家のためのガイドブックです。

東洋経済新報社関連作品

「金融学 一般」カテゴリ