読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

その果てを知らず

その果てを知らず
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1320円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2020/10/21
紙書籍版 取り扱い中

幻想の世界と現実の世界を自由に行き来できる、世界でも希有な作家だった。
――南山 宏(作家・元SFマガジン編集長)

この人が歩んできた道の果てに、今の日本SFの輝きがある。
――池澤春菜(声優・SF愛好家)

日本SF第一世代として活躍した眉村卓が晩年の病床で書き継いでいた遺作。SF黎明期に起こったこと、そして未来はどうなるのか――

今から60年以上前、大学を卒業して会社員となった浦上映生は文芸の道を志し、SF同人誌「原始惑星」や創刊されたばかりの「月刊SF」に作品を投稿し始めた。サラリーマン生活を続け、大阪と東京を行き来しての執筆生活はどのように続いていったのか。
晩年の彼が闘病しつつ創作に向き合う日常や、病床で見る幻想や作中作を縦横無尽に交えながら、最期に至った“この世界の真実”とは。

これぞ最後の「眉村ワールド」!

眉村卓関連作品

  • かれらの中の海 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/04/03

    苛酷な生存競争に疲れ死を決意して沖へ向った青年を救い、訓練の後、再び地上へ送り返したが...。SFで物質文明を断罪する警告の書。

  • 魔性の町(駅と、その町) 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    駅とその町の名前は、立身という。ありふれた郊外の町だが、<魔性>が棲むという伝説があった...。異次元オムニバス・ミステリー!

  • ぬばたまの... 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    晩秋の遊園地でふと迷い込んだ不気味な「ぬばたま」の世界...この世界は何を意味するのか? 突如現れる主人公の分身は何者なのか?

  • ショートショート ぼくの砂時計 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    時が奇妙にたゆとう灰色の世界を、砂時計のなかで落ちつづける砂を見つめるような眼差しで、さりげなく、しかし残酷に描く、名作集。

  • 二次会のあと 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    二次会の後に倦怠を吹き飛ばすべく挑戦した風変わりなゲームの戦慄すべき結末を描く表題作など、不思議な魅力にあふれた新感覚小説。

  • 不器用な戦士たち 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    誰でもいつか味わう奇妙な体験、悲哀、現状不満、異能力へのあこがれ等々に潜む人生の真実・秘密を心にくい筆致で描く傑作・快作集。

講談社関連作品

「日本」カテゴリ