読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

週刊文春 2020年10月22日号

週刊文春 2020年10月22日号
電子書籍版
価格 400円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 152
販売開始日 2020/10/19

●二階幹事長 親密企業がカジノ隣接地3千坪を買っていた
●遺される妻が困らない夫婦でやるべき準備15
●「能年玲奈はなぜ消えたのか」判決確定 本誌はこう考える

・学術会議「ウソ情報」がバレて菅首相「国会答弁」猛特訓
・防衛省への118万返納を止めた菅側近議員の言い訳
・GoToトラベル事務局は仕事ナシでも「日当4万円」
・“サラリーマン球団社長”が名指しする阪神「本当の戦犯」
・「エール」二階堂ふみ 慶応7年生で卒業が...
・読売新聞エース記者が韓国で逮捕されていた
・芦田愛菜が「徹子の部屋」NGなのはナゼ
・舘ひろしに新事務所設立を決意させた渡哲也の一言
・売れっ子フワちゃんは中学時代から先生呼び捨て
・囲碁仲邑菫 母が明かす9時間睡眠、TVなし、ネットは...
・出演者選定に注文、お付きスタッフも 加藤綾子が女帝化している
・秋篠宮「立皇嗣の礼」に立ちはだかる眞子さま小室さんとの毎日TV電話
・阿川佐和子のこの人に会いたい 塩田武士(作家)

グラビア
●原色美女図鑑 森 七菜 撮影・丸谷嘉長
●爆笑問題・田中裕二 復帰ライブに密着撮
●気仙沼に生きる漁師たち 海の男は美しい!

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

シリーズ作品

  • 週刊文春 2020年7月9日号 桑田佳祐/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 柚月裕子/著 土屋賢二/著 出口治明/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 東畑開人/著 東海林さだお/著 飯島勲/著 400円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2020/07/06

    ●検察が握り潰した菅原前経産相の“買収”バス旅行 ●木村花さん 母が衝撃告白「娘はフジテレビに殺された」 ●「プチ断食」で“コロナ太り”に克つ ●河井前...

  • 週刊文春 2020年7月16日号 桑田佳祐/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 柚月裕子/著 土屋賢二/著 出口治明/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 東畑開人/著 東海林さだお/著 飯島勲/著 400円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2020/07/13

    ●コロナ再燃の戦犯は誰だ コロナ第二波元凶は小池百合子の二枚舌 ●綾瀬はるか「4年愛」売れない韓流俳優に「私と結婚しなさい」 ●男性共演者が告白「テラスハ...

  • 週刊文春 2020年7月23日号 桑田佳祐/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 柚月裕子/著 土屋賢二/著 出口治明/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 東畑開人/著 東海林さだお/著 飯島勲/著 平松洋子/著 400円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2020/07/20

    ●森友自殺職員妻に安倍昭恵が「人を信じられない」 ●赤木雅子さん法廷発言全文「自殺の日、夫は『ありがとう』と言って...」 ●コロナ「大本営発表」を疑え ...

  • 週刊文春 2020年7月30日号 桑田佳祐/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 柚月裕子/著 土屋賢二/著 出口治明/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 東畑開人/著 東海林さだお/著 飯島勲/著 平松洋子/著 400円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2020/07/24

    ●総力特集 コロナ再爆発の核心 1.3兆Go Toゴリ押し 菅・二階「観光利権」を暴く ・医療者慰労金「最速で8月下旬」はナゼだ! ・8割おじさん“西浦教...

  • 週刊文春 2020年8月6日号 桑田佳祐/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 柚月裕子/著 土屋賢二/著 出口治明/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 東畑開人/著 東海林さだお/著 飯島勲/著 平松洋子/著 400円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2020/08/03

    ●特集 コロナの落とし穴 厚労副大臣と政務官が溺れるコロナ不倫 ・「3千億円はもう戻らない」東京五輪中止タイムリミットは12月 ・「コロナでつらくて」上沼...

  • 週刊文春 2020年8月13・20日合併号 桑田佳祐/著 平松洋子/著 飯島勲/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 柚月裕子/著 土屋賢二/著 出口治明/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 桜玉吉/著 伊集院静/著 430円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2020/08/10

    夏の特大号 ●安倍晋三 コロナでも「五輪強行指令」 ●三浦春馬の絶望「結局はお金。両親には二度と会いたくない」 ●志村けん愛と憎しみの「全員集合」 ●赤...

伊集院静関連作品

林真理子関連作品

みうらじゅん関連作品

町山智浩関連作品

宮藤官九郎関連作品

  • 「いだてん」完全シナリオ集 (1~2巻) 1936円2001円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/12/18

    2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」第1部(第1回~24回)のシナリオ集。 「日本マラソンの父」金栗四三編の興奮が蘇る! 「いだてん」は宮藤官九郎氏が、4年近い月日をかけて完成させた大傑作...

  • ん!? 1223円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/14

    「週刊文春」好評連載シリーズの第3弾。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』から映画『TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ』、TVドラマ『ゆとりですがなにか』『カルテット』『監獄のお姫さ...

  • え、なんでまた? 703円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/27

    『あまちゃん』『マンハッタンラブストーリー』『11人もいる!』......あの名セリフが生まれた背景から、撮影現場や日常生活に散りばめられた驚きの発言まで、人気脚本家が言葉について綴ったエッセイ...

  • きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) 652円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/27

    当代一の売れっ子脚本家が放つ、初の小説! 冬の白鳥だけが名物の東北の町で男子高に通う「僕」。ある日、ローカル番組で「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた僕は、親友たちの名前を勝手に書い...

  • 俺だって子供だ! 866円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/27

    家中をおむつだらけにして書いた、私生活丸出しの「かんぱ」成長記 生まれたてなのに態度が部長クラスの娘・かんぱ。誕生から3歳までの成長を余すところなく観察した、爆笑の子育て苦行エッセイ!

  • いまなんつった? 765円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/11/15

    『あまちゃん』の生みの親、宮藤官九郎さん。本書は、セリフを書きセリフを覚えセリフを喋って20年、人生の半分をセリフと格闘してきた宮藤さんが耳にし、思わず「いまなんつった?」と振り向いてしまった言...

能町みね子関連作品

柚月裕子関連作品

貴志祐介関連作品

土屋賢二関連作品

  • 日々是口実 691円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    週刊文春の人気連載! ツチヤ先生の「口実」満載のエッセイ集。 妻と弟をお供に旅行に出かけたり、78歳のスーパーボランティアに衝撃を受けたり、 教え子との会話に興じたり、不幸のモトに思いをはせた...

  • われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う 755円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/08/02

    森羅万象を笑い飛ばす ユーモア哲学エッセイ集!! 名作「わたしのギョーザをとって食べた人へ」をはじめ、「胃カメラからの生還」「妻への詫び状」 「論よりだんご」「女性を徹底的に賛美する」「わたし...

  • 人間は考えるFになる 440円
    作家 森博嗣 土屋賢二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    超文系と超理系、こんなに違うものなのか! 専門も興味も異なる二人の対談集。土屋賢二の初短編小説も収録。

  • ツチヤ学部長の弁明 586円
    作家 土屋賢二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    “笑う哲学者”ツチヤ教授が、学部長を任命されてからの苦悩の日々。そして変わらぬ女への不満。笑って前向きになれる1冊。

  • 純粋ツチヤ批判 607円
    作家 土屋賢二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    パリの九千キロ東の岡山県で生まれた余は、如何にしてツチヤとなりし乎。哲学教授の失敗人生をあますところなく語る爆笑エッセイ集。

  • そしてだれも信じなくなった 693円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/11/09

    謝罪会見シミュレーション、大学の七不思議、敬語の存在意義、やたら待たされる銀行、○○するだけダイエット、習慣がもたらす弊害、愛のかけらも感じられない妻との日々。「だれも信じられない」出来事の数々...

出口治明関連作品

柳家喬太郎関連作品

益田ミリ関連作品

  • 14歳からの宇宙論 880円
    作家 佐藤勝彦 益田ミリ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/09/06

    アインシュタインの宇宙モデル、ブラックホール、暗黒エネルギー、超弦理論、100兆年後の未来......138億年を一足飛びに知る、宇宙入門の決定版。益田ミリ「138億年の向こうへ」マンガも収録!

  • せいのめざめ 1144円
    作家 益田ミリ 武田砂鉄
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/02/17

    修学旅行の夜、プールの授業、エロ本と夏休み......。「あの頃、女子は何を考えていたのだろう?」「教室の男子と性は、うまく結びつかなかった――」妄想と憧れが暴走した日々を鮮やかに描く。 「知...

東畑開人関連作品

東海林さだお関連作品

  • オッパイ入門 701円
    作家 東海林さだお
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    これなくしては人類は生きられない! 時に乳房であり、時にパイパイであり、時に乳幼児の食料の源泉であり、 時にわけもなく揉んだりするものであり...... つまり「おっぱい」には謙虚であらねばな...

  • 焼き鳥の丸かじり 719円
    作家 東海林さだお
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    しがみつく砂肝をどうする!? 大好評エッセイ〈丸かじり〉シリーズ第40弾! 「串外しはNG!」にしみじみ思う...女性にとって、「焼き鳥の串の存在」とは? 化粧事情、そして立ちはだかる歯茎の問...

  • ひとりメシの極意 660円
    作家 東海林さだお
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2020/02/13

    食事は「ひとり」が一番! 街にあふれるフツーの食い物を味わうシアワセ......笑えて泣ける超一級のエッセイ! 孤独の時代に、思わずひざを打つ極意とは? 「週刊朝日」1500回超連載の「丸かじり...

  • 丸かじりシリーズ(40) 焼き鳥の丸かじり 1045円
    作家 東海林さだお
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/11/21

    「串外しはNG!!」の記事に思う。焼き鳥を串のままかじるとなると大きく口を開かねばならず、とくに女性の場合、口の周辺に施された濃密で細密な細工が打撃を受ける。串にしがみつく砂肝をどうするか? 抱...

  • 丸かじりシリーズ(41) バナナの丸かじり 1045円
    作家 東海林さだお
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/11/21

    食べものへの関心はいよいよ高まり、その悩みは尽きることがない。バナナの皮を踏むと果たして本当に滑って転ぶのだろうか? 体を張っての大実験、結果やいかに......。抱腹絶倒の東海林ワールド、シリ...

  • 丸かじりシリーズ(42) サクランボの丸かじり 1100円
    作家 東海林さだお
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/11/21

    週刊朝日の超長寿連載「あれも食いたい これも食いたい」シリーズ最新刊。食への探求心は健在です。コンニャクの不思議/どや、タルタルソース/ラーメンライスの祟り/「ぶっこみ飯」出現/ワンタン麺の魂胆...

平松洋子関連作品

  • すき焼きを浅草で 730円
    作家 平松洋子 下田昌克
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/02

    見たい、食べたい、かぶりつきたい! 文庫オリジナル、大人気悶絶シリーズ最新作。 「すき焼きは奥座敷を御利用ください」夏の一日、浅草の老舗店に誘われ至福を味わう。 高知の日曜市では可愛く素朴で美...

  • かきバターを神田で 711円
    作家 平松洋子 下田昌克
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/09/11

    熱いバター醤油にまみれた立派なかき、清らかなせん切りキャベツ、黄色い芥子。 あの光景を思い浮かべただけで――平松さんが悶絶する、冬の名物・かきバター定食。 寒い夜、家に戻る途中「肉豆腐が待って...

  • 肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行 1500円
    作家 平松洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/07/16

    牛、羊、鹿、鴨、ホルモン、鯨...... うまい肉が生まれる現場にはソウルがある! ・“害獣”を地域の恵みに変えた島根県美郷町モデル ・「肉にも旬がある」ジビエ料理のフロンティア ・常識の壁を...

  • 肉まんを新大阪で 701円
    作家 平松洋子 下田昌克
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/01

    週刊文春の人気食エッセイが電子版で登場! 暮らしの中にも旅先にも美味しさたっぷり。 「ぶたまん」の響きは、聞いたそばから耳がとろけそう――。 新大阪から乗り込んだ新幹線の中でその人気を見せつけ...

  • あじフライを有楽町で 740円
    作家 平松洋子 安西水丸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/01

    週刊文春の人気食エッセイが電子版で登場! どこまでも美味しい世界にご招待! とにかく、あじフライだ。この下世話さがいいんだなあ――。 志ん生が愛した〈酒かけ天丼〉、紀伊から届いた衝撃のシカ肉。...

  • ひさしぶりの海苔弁 750円
    作家 平松洋子 安西水丸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/01

    新幹線で食べる海苔弁の美味さ、油揚げが人格者である理由、そしてかまぼこ板の美学とは――。 食を愉しみ、食を哲学する。週刊文春の人気食エッセイが電子版で登場! 春の終わり、にょきにょき伸びるア...