読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新編 志樹逸馬詩集

新編 志樹逸馬詩集
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2530円(税込)
ポイント還元 25ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 304
販売開始日 2020/11/13
紙書籍版 取り扱い中

曲った手で 水をすくう
こぼれても こぼれても
みたされる水の
はげしさに
いつも なみなみと
生命の水は手の中にある
指は曲っていても
天をさすには少しの不自由も感じない
(「曲った手で」)


大きな困難の中にあって、生きることの喜びと光を求め続け、言葉を紡ぎ続けた伝説の詩人。
キリスト教信仰に裏打ちされたひたむきで純粋なことばたち。長く入手困難だった詩作品が、ついによみがえる。

これまでに刊行された二冊の詩集『志樹逸馬詩集』(方向社、1960年)、『島の四季』(編集工房ノア、1984年)に収録された全詩に加え、遺稿ノートから未公刊の詩を選んで編む。

付録の投げ込み栞(若松英輔、込山志保子執筆、8ページ)を電子版では巻末に収録しました。

【もくじ】
詩集『島の四季』
詩集『志樹逸馬詩集』
未公刊詩選
解説(若松英輔)
年譜(込山志保子)
栞(若松英輔、込山志保子)

若松英輔関連作品

  • 「生きがい」と出会うために 神谷美恵子のいのちの哲学 1540円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2021/04/30

    喪失の時代、私たちを支える「他者」との邂逅 古今東西の哲学者、宗教家、詩人、作家、そして無名の人々の言葉を引用し、「生きがい」とは何かを論じた神谷美恵子の『生きがいについて』。刊行から50年以...

  • 生きていくうえで、かけがえのないこと 1430円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/03/26

    ふれる、聞く、愛する、憎む...... 悲しみの先に広がる 25の風景 『悲しみの秘儀』に続き魂の思想家が贈るエッセイ集! 生きていればときに闇の中を歩かなくてはならないことがある。そうし...

  • 魂にふれる——大震災と、生きている死者 【増補新版】 1870円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/03/05

    悲しいと感じるとき、亡き愛する人を感じたことはないだろうか。 悲しいのは、亡き人が近くにいるからだ、そう思ったことはないだろうか。 西田幾多郎、鈴木大拙、田辺元、井筒俊彦、小林秀雄、柳田國男、...

  • 読書のちから 1430円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/12/11

    本を読むことは、書き手との対話である。 だが、誰と対話するかは慎重に選ばなくてはならない—— 恩師・井上洋治、遠藤周作、須賀敦子、神谷美恵子、池田晶子、柳宗悦......。 著者自身の「危機」...

  • 不滅の哲学 池田晶子 1870円
    作家 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/12/11

    「いのち」によって支えられている今を深く味わう。 そのときはじめて、私たちは深い安堵に包まれる、と池田晶子はいうんだ。 『14歳の哲学』をはじめ多くの傑作を遺した孤高の哲学者、池田晶子。 彼...

  • 14歳の教室 どう読みどう生きるか 1320円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2020/10/30

    進むべき道に迷ったとき、先が見えずに苦しいとき、生きがいを見失ったとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「分かる」「考える」「読む」「書く」「聞く」「話す」――素朴な動詞の意味を問いながら、大...

亜紀書房関連作品

「詩・短歌・俳句」カテゴリ