読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

北海道200年構想

北海道200年構想
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1870円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 335
販売開始日 2020/11/20
紙書籍版 取り扱い中

現在の日本は、明治維新・世界大戦敗戦以来の国難に直面している。2068年に開道200年を迎える北海道は、それまでに行なうべき自立・再生への明確なグランドデザインを描き、産業を革新しなくてはならない。
一次産業と食品加工、観光、再生可能エネルギー、ZEH(ゼロエネ住宅)の五つの分野と、これらを支える主な六つの関連産業として、教育、科学技術、産業機械、情報(機械産業)、インフラ、金融/投資に絞り込んでその可能性を探っていく。

柏艪舎関連作品

  • うんちエイジング 1430円
    作家 高野正太
    出版社 柏艪舎
    販売開始日 2021/05/14

    メディアにも多数出演している便秘治療の世界的名医高野先生による「腸活」指導。各世代別に日常生活に則した便秘予防や治療について、食生活や運動の面などからもイラストを交えわかりやすく解説している。 ...

  • 夷の古代史 1430円
    作家 澤田健一
    出版社 柏艪舎
    販売開始日 2021/04/16

    縄文文化、弥生文化、そしてアイヌ文化―総ては繋がり、さらに広がっている。今までの邪馬台国論争は間違いだらけだった―。 古代史において謎とされている事象の大部分は、文献を正確にそして様々な角度から...

  • ラストアイヌ 反骨のアイヌ歌人森竹竹市の肖像 1650円
    作家 川嶋康男
    出版社 柏艪舎
    販売開始日 2020/12/04

    アイヌ民族の復興を目指し、その怒りを文学に込めて闘い続けた歌人の叫び。 自らを“最後のアイヌ”と呼ぶ、誇り高き反骨のアイヌ歌人、森竹竹市。その鋭い眼差しの先には、つねに未来があった。激動の時代に...

  • 宝島 1760円
    作家 ロバート・ルイス・スティーヴンソン 中山義之
    出版社 柏艪舎
    販売開始日 2020/12/04

    ふた癖も三癖もある海賊たち、長く熾烈を極める航海、海賊同士の裏切り、血みどろの戦い。少年ジムは宝を見つけ、無事帰還できるのか―。 稀代の物語作家(ストーリーテラー)、スティーヴンソンによる傑作が...

  • さんぎゃ橋を越えて 1430円
    作家 若林九里
    出版社 柏艪舎
    販売開始日 2020/12/04

    終戦直後の北海道に生きる少女・桂子と、彼女を軸に織り成される素朴で美しい日々。雪深い開拓地に暮らす苦しみ、親友との別れ。徴兵された父や叔父たち、それを見送った開拓一世の祖父母。戦争に巻き込まれる...

  • 生還 『食人』を冒した老船長の告白 1870円
    作家 合田一道
    出版社 柏艪舎
    販売開始日 2020/11/27

    二次世界大戦中に徴兵され、徴用船の船長として物資の輸送任務に就いていた黒岩亀吉(仮名)は知床半島沖を航行中に嵐に合い、真冬の知床の小屋に部下のシゲとともに取り残される。 飢えと寒さの極限状態の...

「産業一般」カテゴリ