読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大名格差 江戸三百藩のリアル

大名格差 江戸三百藩のリアル
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2020/12/11
紙書籍版 取り扱い中

江戸時代の日本は徳川将軍家が率いる幕府と、三百諸侯と称された大名家が率いる実数約260もの藩が共同統治する時代であった。

大名といっても100万石から1万石まで格差は大きかったが、石高以外にも様々な基準で格付けされた。そうした区分が組み合わされることで家格は決まったが、その基本は将軍との関係である。将軍に近いほど優遇され、遠いほど冷遇された。

そんな幕府による大名統制の実態を、五つの視点から解明。「 石高でみる格差」「将軍との関係でみる格差」「江戸城でみる格差」「江戸藩邸でみる格差」「参勤交代でみる格差」という切り口を通して、未曾有の泰平の世を可能にした、幕府の巧妙な仕掛けに迫る。

安藤優一郎関連作品

  • 日本の名将365日 2640円
    作家 安藤優一郎
    出版社 辰巳出版
    販売開始日 2021/03/26

    日本史好き、武将好きにはたまらない! 1日1ページでさらに“歴史通”になる。 日本史上活躍した“名将”365人について、1日1ページ完結、1人ずつ解説していくスタイルの歴史雑学本。平安時代の坂上...

  • 春画でわかる江戸の性活 1287円
    作家 安藤優一郎
    出版社 宝島社
    レーベル TJMOOK
    販売開始日 2021/02/09

    江戸時代、正式な婚姻関係にない男女の性行為に対する処罰は厳しく、多くの場合、死刑になりました。ただし、これはあくまでも建前で、多くの男女は平気で密通を享受していました。本誌は春画のモデルとなった...

  • 渋沢栄一と勝海舟 幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘 660円
    作家 安藤優一郎
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2020/08/12

    「勝さんに小僧っ子扱いされた‐‐」。朝敵となった徳川慶喜に生涯忠誠を尽くした渋沢栄一と、慶喜に30年間も「謹慎」を強いた勝海舟。共に幕臣だった二人の対立を描き、知られざる維新・明治史を解明する。...

  • 大江戸の飯と酒と女 660円
    作家 安藤優一郎
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2019/10/11

    泰平の世を謳歌する江戸は、飲食文化が花盛り! 田舎者の武士や、急増した町人たちが大いに楽しんだ。武士の食べ歩き、大食い大会の様子、ブランド酒、居酒屋の誕生、出会い茶屋での男女の密会‐‐。日記や記...

  • 江戸文化から見る 男娼と男色の歴史 1683円
    作家 安藤優一郎
    出版社 カンゼン
    販売開始日 2019/08/21

    江戸時代、男も女も虜にした 美少年との性の世界 かつての日本で「男色」は特別なことではなく日常だった。 江戸の町には「陰間茶屋」と呼ばれる店があった。 「陰間」とは、金品と引き換えに身体を売る...

  • 幕臣たちの明治維新 715円
    作家 安藤優一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/14

    御家人の日常生活から徳川家でなされた大リストラの実態まで、歴史の闇に埋もれた「もう一つの明治維新」を描き出す。

彩図社関連作品

「江戸・近代」カテゴリ