読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

同調圧力なんかクソくらえ

同調圧力なんかクソくらえ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 871円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2021/04/05
紙書籍版 取り扱い中

「コロナ脳」から脱却しないと、日本経済は終わる――!

コロナ禍のさなか、マスクをつけていないだけで批判され、自粛要請に応じない
エンタメ施設、飲食店はたちまち袋叩きに遭うという「非常事態」に見舞われた日本。
同調圧力に抗い、<自分>を見失わないために必要なものとはなんなのか?

「多数派にとっての正義が、個人にとっても等しく正義であるはずがない」と喝破する
堀江貴文が贈る、究極の<ファクト思考の教科書>!

●「コロナ脳」から脱却しないと、日本経済は終わる!
●ウイルスよりも怖い「思考停止」と「脊髄反射」!
●SNSの流行で新時代の「一億総白痴化」が進んでいる!
●すがすがしいまでの「パクリ根性」が経済を回す!
●ブラック労働に甘んじている限り待遇は改善されない!
●キャッシュレスを笑う者は商売で泣く!

※2019年刊行『疑う力』、待望の新書化! 書き下ろし原稿も収録した増補版。

【目次】
第1章 同調圧力なんかクソくらえ

01 「コロナ脳」から脱却しないと、日本の経済はマジで終わる
02 ウイルスよりも危険なのは「思考停止」と「脊椎反射」
03 和牛を叩き売りするような「安売り厨」は淘汰される
04 ブラック労働に甘んじている限り待遇は改善されない
05 「国」や「国籍」などのボーダーに固執する奴は時代に取り残される
06 すがすがしいまでの「パクリ根性」が経済を回す

第2章 「フェイクニュース」を疑え

07 日本政府に税金を払うくらいなら、アマゾンに投資したほうが生活は豊かになる
08 キャッシュレスを笑う者は商売で泣く
09 すぐれた「職人技」のほとんどがデジタル化できる
10 「出稼ぎ先」として、日本は外国人からソッポを向かれつつある
11 マスメディアは戦時中の体質から何一つ変わっていない

第3章 誰も言えない「不都合な真実」

12 「バイトテロ」を報道するくらいなら「ホンモノのテロ」を防ぐ手立てでも考えろ
13 原発アレルギーの「放射能」な人たちは現実をわかっていない
14 冤罪の可能性をゼロにできない限り死刑制度には反対だ
15 尖閣諸島は中国に、竹島は韓国に、北方領土はロシアにあげちゃえば?
16 “カネなし非モテおっさん”の孤独はやっかいな問題になる

第4章 信じる者はバカをみる

17 資格なんて単なる利権。実力は資格で測れるものではない
18 ウマい肉をたらふく食べる生き方こそ最高
19 組織も国家も民主主義より「ワンマン独裁制」のほうが改革は進む
20 大学はオワコン化する。学費を払うくらいならそのカネで企業しろ
21 SNSの流行で新時代の「一億総白痴化」が進んでいる
22 「健康オタク」の主張は科学的根拠に乏しいただの思い込みだ

第5章 人生をドブに捨てるな

23 子どもの才能を育てるのは学校教育ではなくパソコンやスマホ
24 結婚は楽しい人生を邪魔する障害でしかない
25 「ゼロリスク症候群」にとらわれていたらがんは撲滅できない
26 マイホーム購入のために多額の借金を背負い込むナンセンス
27 子どもを生まない自由、子どもを育てない自由があってもいい
28 ベーシック・インカム導入で「好き」を仕事にできる時代がやってくる

第6章 日本の常識は世界の非常識

29 「席、倒していいですか?」という非効率マナーは「自己中」人間のリスクヘッジにすぎない
30 AIやLINEでも診察はできる
31 世界のサッカーの中心地は日本になる
32 マンガは「時間密度」が最も高い最強のメディア
33 本をバカにしている人は正真正銘のバカである
34 民間企業が参入すれば海外旅行のノリで宇宙旅行できる時代が必ずやってくる

堀江貴文関連作品

宝島社新書関連作品

  • 女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白 891円
    作家 中村淳彦
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2021/05/10

    コロナ禍での“最大の被害者”は大学生だった! 中村淳彦氏が贈る「貧困シリーズ」の最新作は大学生がテーマ。コロナ禍でバイトを奪われた学生たちは、いかにしてこの“地獄モード”を切り抜けているのか。体...

  • まんがと図解でわかる統計学 891円
    作家 向後千春
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2021/05/10

    60万部突破のベストセラームック『別冊宝島 まんがと図解でわかるドラッカー』の内容を書籍として大幅改訂!本書はまんがを全て新しく描きおろし、単行本化。「マネジメント」「イノベーション」などといっ...

  • 悪の処世術 871円
    作家 佐藤優
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2021/05/10

    プーチン、習近平、トランプ、ヒトラー、スターリン......権謀術数が蠢く政治の世界で、「悪」と謗られる男たちがなぜ権力を掌握することができたのか。佐藤優が読み解く、独裁者たちの手腕と人間力の神髄!

  • コロナ自粛の大罪 891円
    作家 鳥集徹
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2021/03/19

    医師7人が語る「茶番劇」の正体! 誰も明言してこなかった 「日本コロナ」の不都合な真実 現役医師たちが本音で語る「日本コロナ」の真実! 日本に新型コロナウイルスによる感染者が発生し1年以上が...

  • 新訂 私でも面白いほどわかる決算書 782円
    作家 小宮一慶
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2021/02/10

    ヒット書籍『私でも面白いほどわかる決算書』の増補改訂版です。「コロナショックにより、今後どう決算書を見るべきか」というトレンドやポイントについてのインタビューを追加。さらに、ここ10年で日本に導...

  • 9割の中間管理職はもういらない 891円
    作家 佐々木常夫
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/12/10

    半年たってもコロナ禍はおさまらず、多くの企業で在宅勤務が定着しつつあります。オンライン会議やデジタルツールなどで、会社における「個」のコミュニケーションが深まる一方で、従来の集約型で情報や労務管...

「教養・雑学」カテゴリ