読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

麻倉玲一は信頼できない語り手

麻倉玲一は信頼できない語り手
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 792円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 368
販売開始日 2021/04/14
紙書籍版 取り扱い中

死刑が廃止されてから28年後。
日本に生存する最後の死刑囚・麻倉は、
無人島だった離島に設けられた民間経営の刑務所内の特別拘置所で、
刑を執行されることなく過ごしていた。

フリーライターの熊沢は、彼に関する本を執筆するため、麻倉本人からの指名を得て取材に向かう。

インタビューするうちに、麻倉が犯した数々の殺人事件に対して「彼らには死すべき理由があった。僕は審判なんだよ。人の命をジャッジする」とうそぶく本人の態度に、熊沢は激しい嫌悪感を抱く。

さらに驚いたことには、離島には麻倉に殺害された被害者の関係者が存在していた。
また、離島にまつわる不気味な言い伝えを聞かされた熊沢は、
この仕事の先にライターとしての成功を夢見ていた最初の気持ちが大きくぐらつくのを感じ始める。

そしてついに恐ろしい事件が起きた......。
読者の予想を覆す奇想ミステリーの問題作!

太田忠司関連作品

徳間文庫関連作品

「日本」カテゴリ