読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

誰かに話したくなる 摩訶不思議な生きものたち

誰かに話したくなる 摩訶不思議な生きものたち
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1599円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2021/04/14
紙書籍版 取り扱い中

40ヵ国、100種以上の動物と出会った名物TVマンの初の著書!

ブラジル南部の町ラグーナでは、7月になるとボラ漁が盛んとなる。
それに協力するのがイルカである。イルカからの合図にあわせて網を投げることで、ボラを獲ることができるのだ。
このイルカたちは餌付けされたものではなく、正真正銘、野生のものである。
しかも、この協力関係は昨日今日、はじまったものではなく、イルカの間で何世代にもわたって受け継がれているという。

またコペラ・アーノルディという南米アマゾンに棲む熱帯魚は、マニアの間では超有名な存在だ。
なんと、水中ではなく、10センチほど飛び上がって、空中の葉っぱに産卵するからだ。
これだけなら、外敵から卵を守るための進化だと解釈できるが、この魚の最も特徴的なところは、葉っぱに産み付けた卵に、水を掛け続けることだ。
空中にあれば卵が乾いてしまうことを、この魚はいかにして理解したのだろうか?

ほかに――。
10年ほど前から、毎年夏に世界中のジンベエザメがカリブ海のユカタン半島沖に大集結すようになったのはなぜか?
オオアリクイは“哺乳類きっての変わりもの”と言われている。
体の大きさに比して頭がとても小さく、歯が1本もなく、舌が体長の半分もあり、体温が極めて低いなど、ほかの哺乳類との違いが際立っているからだ。
独特の進化を遂げた理由はなにか?
イチジクが一年中花をつけることを可能にするオランウータンとコバチの働き。
子育てをするアマゾンの古代魚ピラルクー......。
本書では、「ダーウィンが来た!」「NHKスペシャル」などを手がけた、NHKの自然番組名物ディレクターが、世にも不思議な動物たちの生態を紹介する。

文春e-book関連作品

  • 新着!
    西暦一〇〇〇年 グローバリゼーションの誕生 2200円
    作家 ヴァレリー・ハンセン 赤根洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/13

    西暦1000年。 西ヨーロッパはいまだ暗黒時代からの復興の途上にあり、大航海時代は遠い先のことだ。 しかし本書はその西暦1000年こそが「グローバリゼーションが誕生した年」である、と西欧中心の史...

  • 新着!
    シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録 1901円
    作家 井川直子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/13

    コロナ禍で苦境に置かれた飲食業界。 補償なき自主休業か、儲けの出ない営業か、 それとも他に道はあるのだろうか。 レストランやお店を続けることはできるのか。 料理人であり、スタッフを抱えるリーダー...

  • 新着!
    台北プライベートアイ 1801円
    作家 紀蔚然 舩山むつみ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/13

    台湾発、私立探偵小説の新たなる傑作が登場! 監視カメラの網の目をかいくぐり、殺人を続ける犯人の正体は? 劇作家で大学教授でもある呉誠(ウーチェン)は若い頃からパニック障害と鬱病に悩まされてきた...

  • 新着!
    星落ちて、なお 1801円
    作家 澤田瞳子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/12

    鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。 父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。 不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・...

  • 英文学教授が教えたがる名作の英語 1801円
    作家 阿部公彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/04/27

    フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ポー、村上春樹―― 「黄金の抜粋」で出会う本物の英語! カンタンな英文だけでは、英語を操るための「体幹」が身につきません。 歯ごたえたっぷりの名作には、英語...

  • 私のスケート愛 1599円
    作家 浅田真央
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/04/27

    今なお輝き続ける、浅田真央。 引退後、3年をかけてじっくりと現役中のことを振り返ったフォトエッセイ。オリンピックの悔しさ、ライバル、キム・ヨナのこと、母との思い出、将来について。そして、この3年...

文藝春秋関連作品

「選書・双書シリーズ」カテゴリ