読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

藤田湘子の百句

藤田湘子の百句
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1650円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 220
販売開始日 2021/05/14
紙書籍版 取り扱い中

◆俳句形式への信頼
「俳句は意味ではない、リズムだ」‐弟子の私たちは湘子から何度この言葉を聞かされたことか。俳句という詩型への信頼がそう言わせるのだろう。
(「湘子が私たちに託したもの」より:小川軽舟)

小川軽舟関連作品

  • 朝晩 1100円
    作家 小川軽舟
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2019/11/16

    ◆ふらんす堂電子書籍1000円シリーズ ◆第五句集 2012年以降の作品から360句を収録した第5句集。 句集名の『朝晩』は、文字通り朝と晩であるとともに、いつも、常々、日々の暮らしの中で、...

  • 俳句と暮らす 858円
    作家 小川軽舟
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書
    販売開始日 2017/08/10

    俳人にして単身赴任中のサラリーマンでもある著者が、「俳句と暮らす」生活を提案する。

ふらんす堂関連作品

  • われらの狩りの掟 1100円
    作家 松野志保
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2021/06/25

    ◆ふらんす堂電子書籍1000円シリーズ ◆第三歌集 ウェルニッケ野に火を放てそののちの焦土をわれらはるばると征く 私にとって歌とはずっと、失われたもの、決して手に入らないものへの思いを注ぎ込...

  • 未踏 1100円
    作家 高柳克弘
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2021/06/04

    ◆ふらんす堂電子書籍1000円シリーズ ◆形成の可能性を攻め続けることが形式への最大の礼儀 やがて高柳君は、波郷や湘子がそうしたように、青春詠の時代を遠い故郷として捨て去り、見晴るかす荒地に...

  • 加藤楸邨の百句 1650円
    作家 北大路翼
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2021/05/21

    ◆人間の業と向き合ふ 楸邨の句は難解だと言はれることが多い。僕は初学の頃から「寒雷」系の先輩方の話を聞いて育つたおかげもあり、楸邨の句がわかりづらいと思つたことがほとんどない。今回、解説を書くに...

  • 高濱虚子の百句 1650円
    作家 岸本尚毅
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2021/04/30

    虚子入門の決定版! ◆俳句のこころを読み解く。 ■取り上げた百句は、二物配合を念頭に置いて抽出したものです。■虚子の俳句の根底には一種虚無的な世界観があると思います。にもかかわらず虚子の句にはし...

  • フラワーズ・カンフー 1100円
    作家 小津夜景
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2021/04/16

    ◆待望の一冊! 廃園から楽園へ。 (正岡豊) のほほんと、くっきりと、あらわれ続ける言葉の彼方。 今ここをくすぐる、花の遊び。 読んでいる私を忘れてしまうのは、 シャボン玉のように繰り出され...

  • 新興俳句アンソロジー 2640円
    作家 現代俳句協会青年部
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2021/03/12

    ◆現代俳句協会青年部・編 この輝かしい俳句の流れは、ここで途絶えてしまったのだろうか。そうではない。地下水脈となって浸透したのだ。 新興俳句とは何であったかを、広角的にアプローチし検証すること...

「詩・短歌・俳句」カテゴリ