ユーロビートの歌姫から世界的歌手へ

80年代にデビューしてまもなく「ロコモーション」「ラッキー・ラヴ」「愛が止まらない ~ターン・イット・イントゥ・ラヴ~」といったナンバーが日本でも大ヒットとなり、ユーロビートブームに貢献。

90年代半ばから低迷期が続いたが、2000年に入り再び全英チャートを賑わし始め、2001年リリースのアルバム『フィーヴァー』収録シングル「熱く胸を焦がして」(Can't Get You Out of My Head)が世界中でヒットとなり見事カムバック。グラミー賞も受賞し、世界的歌手としての地位を揺ぎ無いものにした。その後もワールドツアーの成功を収め、コンスタントに作品リリースを続けている。

 

眩いばかりの"大人のディスコ・サウンド"

通算15枚目となるニュー・アルバムのタイトルはズバリ『ディスコ』。先行シングル「Magic」や「Say Something」「I Love It」は心地よく懐かしさも感じるダンスナンバーで、お酒を片手にほどよくカラダを動かせるオシャレなディスコといったイメージ。新作は、52歳になった現在のカイリーなりの"大人の"ディスコ・サウンド"を堪能出来そう。ディスコはあなたを待っている!

 




 

■カイリー・ミノーグ関連アイテム