本/雑誌

電波・電影・電視 現代東アジアの連鎖するメディア

三澤真美恵/編著 川島真/編著 佐藤卓己/編著

4180円
ポイント 1% (41p)
発売日 2012/10/18 発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-1368176
JAN/ISBN 9784787220493
メディア 本/雑誌
販売青弓社
ページ数 371

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

戦後東アジアの視聴覚メディアは、地域間・メディア間で相互に連関しながら成熟していった。日本や中国、上海、北朝鮮、韓国、台湾、シンガポールなどのテレビ・映画・ラジオ・レコードの変遷を描き、各地域でどう受け入れられ、影響を及ぼしたのかを明らかにして、戦後東アジアにおける視聴覚メディア史の見取り図を提示する。

関連記事

    収録内容

    1 第1部 日本(「教育型」テレビ放送体制の成立
    2 戦後日本映画史における「満洲」人脈―「視聴覚教育」と東映教育映画の場合)
    3 第2部 上海(上海におけるテレビ放送開始への経緯―中華人民共和国の初期電視事業の一例として
    4 上海人民広播電台と新中国のラジオ放送―革命と政治動員
    5 “退廃的音楽”との戦い―抗日戦争後の国民政府による上海レコード業界に対する統制についての分析)
    6 第3部 台湾・香港・シンガポール(台湾における初期テレビ史の概況
    7 “人々に娯楽を提供し、国民国家を形成する”―シンガポールにおける中国語放送研究について(一九四五‐一九六九年)
    8 冷戦期南管にみるメディア・地域の相互連関
    9 香港ニューウェーブの始まり―映画産業とテレビ産業の相互関係)
    10 第4部 韓国・北朝鮮(ソウルテレビ放送(KBS‐TV)初期の組織文化の形成―オーラルヒストリーを通じた韓国放送史の語り直し
    11 家庭という領土の内と外で鳴るサウンド・オブ・ミュージック―冷戦期韓国におけるメディア化された音楽の空間性
    12 北朝鮮テレビ放送史研究序説―一九六〇‐七〇年代を中心に)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品