本/雑誌

日本語スタンダードの歴史 ミヤコ言葉から言文一致まで

野村剛史/著

3410円
ポイント 1% (34p)
発売日 2013/05/28 発売
出荷目安 メーカー在庫見込あり:1-3週間 ※出荷目安について

追跡可能メール便利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-1507500
JAN/ISBN 9784000242943
メディア 本/雑誌
販売岩波書店
ページ数 349

商品説明

近世の武家や知識人たちは、地域・方言が異なってもお互いに通じる言語を獲得していた。そのような近世スタンダードはいかにして伝播したのか。言文一致体を生み出した明治期スタンダードとどうつながるのか。山田美妙や二葉亭四迷の言文一致体使用はいかなる意味を持つのか。多分野にわたる膨大な資料を読み解いて明らかにした、定説を覆す画期的な論考。

関連記事

    収録内容

    1 第1部 日本語スタンダードの形成(室町期の言語 中央語の誕生
    2 ニュータウン江戸と近世スタンダード
    3 日本橋商人
    4 幕末・明治初期の共通語
    5 明治初年の東京山の手
    6 スタンダードの確立
    7 公共圏言語への可能性)
    8 第2部 スタンダードから言文一致体へ(明治初年の口語体
    9 山田美妙の言文一致体
    10 二葉亭四迷の言文一致体
    11 口語体の制覇
    12 回想t忘却)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    close

    最近チェックした商品