本/雑誌

最新!トンネル工法の“なぜ”を科学する 構造から工法、技術の応用まで...知れば知るほど面白い「トンネル学入門」 だれもが抱く素朴な疑問にズバリ答える!

大成建設「トンネル」研究プロジェクトチーム/著

1980円
ポイント 1% (19p)
発売日 2014/01/27 発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-1617228
JAN/ISBN 9784860591151
メディア 本/雑誌
販売アーク出版
ページ数 194

商品説明

空前絶後のマシン、驚きの工法と先端技術...見たこともないトンネルの姿を紹介!誰もが抱く素朴な疑問に、大成建設の選りすぐりの執筆陣が懇切丁寧に答えていく。トンネルの魅力がぎっしり詰まった本。

関連記事

    収録内容

    1 序章 時代と技術を塗り替えたトンネル―いまも伝説のトンネル工事(トンネル工法は大きく4つに分かれる―山岳工法、シールド工法、開削工法、沈埋工法の4つ
    2 伝説の難工事1―最新トンネル工法のすべてが集結した「世紀のプロジェクト」ボスポラス海峡横断鉄道トンネル ほか)
    3 1章 トンネル工事についての素朴な疑問Q&A―トンネルの基礎を学ぶ(意外!?人類初のトンネルも日本初のトンネルも掘られた目的は同じ
    4 どこにトンネルを掘るか、誰がどうやって決める? ほか)
    5 2章 すべての工法の基本となる掘り方 山岳工法を科学する―トンネルといえば誰もがイメージする山の中はこの工法で(同じトンネルでも鉄道用と道路用ではこんなに違う―山の上に道路トンネル、下に鉄道トンネルの理由
    6 地山との一体化を図る山岳工法とはどんな工法? ほか)
    7 3章 街を掘るハイテクマシン 最新シールド工法を科学する―モグラのようなマシンが縦横無尽に掘り進む(シールドには工事の数だけ「顔」がある―カッターヘッドを見れば地層がわかる
    8 世にもユニークなシールド工法誕生秘話 ほか)
    9 4章 横穴を掘るという常識を覆す 沈埋工法と開削工法を科学する―工場で作ったトンネルを船で運ぶ?(シンプルな工法と特殊な工法の類似点―開削工法と沈埋工法の比較
    10 シンプルで工費も安価な開削工法のメリットとデメリット ほか)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    閉じる

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    close

    最近チェックした商品