本/雑誌

なぜ国際教養大学はすごいのか トップが語る世界標準の大学教育論 (PHP新書)

鈴木典比古/著

902円
ポイント 1% (9p)
発売日 2016年06月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-1967100
JAN/ISBN 9784569830704
メディア 本/雑誌
販売PHP研究所
ページ数 230

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

日本では18歳人口が減少し、「大学全入時代」といわれるなか、受験生の入試倍率は10倍、卒業生の就職率は100%―。秋田市内からクルマで30分、都会の華やかさとは無縁の緑に囲まれた大学に、なぜ全国各地から学生が集まってくるのか。その人気の秘密は、(1)すべての授業を英語で実施、(2)新入生は学生寮で留学生と共同生活、(3)在学中に1年間の海外留学を義務づけ...といった独自の教育システムにある。これらはすべて、世界で活躍するグローバル人材を育てるためのもの。国際教養大学トップが自ら明かす、「全人力」を身につけるための“世界標準の大学教育”論。

関連記事

    収録内容

    1 第1章 世界の大学で何が起きているのか(教育鎖国をやめて世界基準を導入するしかない
    2 優秀な学生を集めるべく世界中で青田刈りする海外の大学 ほか)
    3 第2章 リベラルアーツと日本のエリート(東大も世界から見れば「ワンオブゼム」の大学にすぎない
    4 将来のエリートをめざす学生たちはリベラルアーツを学ぶ ほか)
    5 第3章 “秋田発”グローバルスタンダード大学(入試によっては偏差値は東大並み、就職率は一〇〇%
    6 新入生はすべて一年間の寮生活を体験 ほか)
    7 第4章 いま、日本の教育革命が始まる(強制的に勉強せざるを得ない環境をつくるしかない
    8 学生たちが能動的に学ぶ環境は、教員がつくりあげるもの ほか)
    9 第5章 世界標準の人材をつくるために(優秀な人材が海外に流出しても、日本の価値は変わらない
    10 日本でも進む「ウィンブルドナイゼーション」 ほか)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    close

    最近チェックした商品