本/雑誌

式子内親王 たえだえかかる雪の玉水 (ミネルヴァ日本評伝選)

奥野陽子/著

3850円
ポイント 1% (38p)
発売日 2018年06月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2240053
JAN/ISBN 9784623083602
メディア 本/雑誌
販売ミネルヴァ書房
ページ数 16

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

式子内親王(一一四九~一二〇一)平安末期の皇女・歌人。賀茂斎院をつとめ、藤原俊成を師とし、『新古今和歌集』第一の女流歌人となった後白河院皇女、式子内親王。定家との出会いを通じて深めた虚構の歌の世界には、人生とこの世に対する思索が底流する。その到達点を探る。

関連記事

    収録内容

    1 第1章 斎院以前
    2 第2章 斎院時代
    3 第3章 定家に出会うまで
    4 第4章 二つの百首歌
    5 第5章 晩年の式子内親王
    6 第6章 伝説の式子内親王
    7 第7章 式子内親王と和歌

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品