本/雑誌

命と祈り 死とは悲嘆すべきものか

妹尾雅明/著

1320円
ポイント 1% (13p)
発売日 2020年01月発売
出荷目安 販売終了 ※出荷目安について

販売終了のため、現在ご購入出来ません。

仕様

商品番号NEOBK-2456203
JAN/ISBN 9784344926547
メディア 本/雑誌
販売幻冬舎メディア
ページ数 252

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

誰しも終わりがやってくるから、生を見つめることができる―。数多くの「人生の終わり」を見届けてきた著者が贈る、心震える渾身のメッセージ。毎日何気ない「ありがとう」を口にする。心の平穏を保つには、まず姿勢を保つことから。日常の中に神様を想う時間を添える。難関に向かう時の「不動心」の持ち方。悲しい出来事があっても、前向きに物事を捉える方法。etc.

関連記事

    収録内容

    1 1 今を生きるためのメッセージ(公認されていない悲嘆では、悲しむ権利が奪われている
    2 死んではいけませんよ
    3 緩和ケアを始めた理由
    4 祈るということ
    5 これからの生き方 ほか)
    6 2 残したい言葉、伝えたい言葉(人生を10年一区切りとして考えよ。
    7 いつも周囲のことに捉われない自分であること。
    8 死のうと思ってはならない。
    9 先祖様に感謝しながら生きなさい。
    10 いつも祈りながら生きていくことを忘れないで、いつも神様・仏様に感謝しなさい。 ほか)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品