本/雑誌

微笑む言葉、舞い落ちる散文-ローベルト・

新本史斉/著

2420円
ポイント 1% (24p)
発売日 2020年03月発売
出荷目安 メーカー在庫見込あり:1-3週間 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2475330
JAN/ISBN 9784862657992
メディア 本/雑誌
販売鳥影社
ページ数 397

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

なぜ、ヴァルザーはかくも重要なのか?20年以上にわたるヴァルザー読解を通じて、今、この問いに答える。多くの作家たちに愛されつづけたヴァルザーの文学的闘いの足取りを多様な方法で浮かびあがらせる。

関連記事

    収録内容

    1 第1部 『ローベルト・ヴァルザー作品集』を読み解く(「散歩文」の原風景―散文小品『グライフェン湖』を読む
    2 「母の言葉」と「王子言語」のあいだから生まれる虚構言語―初期小劇『白雪姫』を読む
    3 「母の言葉」の喪失を埋めてゆく散文―ベルリン時代の長編小説『タンナー兄弟姉妹』をその前史から読む
    4 「大ベルリン」vs「小ヴァルザー」―ベルリン時代、ビール時代の散文における差異化の運動を読む
    5 「はじめて書きつけた慣れない手つきの文字」に出会うための散歩―ビール時代の中編作品『散歩』を読む
    6 「ミクログラム」のもたらす幸福―ベルン時代の長編小説『盗賊』を読む)
    7 第2部 翻訳からヴァルザーの原作を読み直す(『白雪姫』全訳
    8 「イメージ」、「意味」、「物語」の/に抗する、レトリックを翻訳する―『白雪姫』の英・仏・日本語翻訳比較分析
    9 絵で描く存在を文字で描く存在を翻訳する―ベルン時代の散文小品『ヴァトー』を読む)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品