本/雑誌

公共図書館が消滅する日

薬師院仁志/著 薬師院はるみ/著

2970円
ポイント 1% (29p)
発売日 2020年05月発売
出荷目安 メーカー在庫見込あり:1-3週間 ※出荷目安について

追跡可能メール便利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2497308
JAN/ISBN 9784895002295
メディア 本/雑誌
販売牧野出版
ページ数 438

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

公共に開かれた図書館を持たない先進国など一つもない。しかし、日本ではその姿が大きく変貌してきている。戦後の設立過程から現在の混迷状況までの過程をつぶさに描き、図書館問題の本質を論じる。

関連記事

    収録内容

    1 第1部 戦後期公共図書館史の歪曲と真相(語られた歴史と不都合な事実
    2 占領期の民主化政策と出遅れた公立図書館
    3 ささやかな図書館法と肥大化した後付け解釈
    4 なけなしの職業資格と図書館発展への抵抗)
    5 第2部 粉職された図書館発展と用意された顛末(神話の中の『中小レポート』と日野市立図書館
    6 図書館発展の実態と好都合な共同幻想
    7 図書館界のハリネズミ化と自滅への道
    8 最後の助け舟と泥舟への固執)

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    close

    最近チェックした商品